« 小泉総理の公務宗教参拝に抗議 | トップページ | あっという間の広報編集委員会 »

2005.10.19

高齢者虐待防止法案を阻んだ張本人

17日の夕方に、全国老施協から1通のFAXが入っていました。内容は、自公民の議員立法として提案される「高齢者虐待防止法案」への反論でした。
この法案は、私が信頼する民主党の山井和則さんや、プロレスラーから転身した自民党の馳浩さんたちが努力を重ねてここまでこぎ着けたのを知っており、これだけはぜひとも臨時国会で成立してほしいと思っていましたので、それを山井さんのところに転送しました。

それにわざわざご本人からメールでの返信があり、自民党の部会で法案提出が見送りになったことを知りました。
朝日新聞のサイトでも報じられているとおり、その張本人は全国老施協会長であり、自民党の参議院議員でもある中村博彦です。
ちょうど老施協の全国大会が開催されるのにあわせて、自分の力を見せつけようという魂胆なのでしょうが、多少の不備があっても現に虐げられている高齢者に一刻も早い救いの手だてを打つのを阻んだ責任は重大です。
こんな人が福祉の代表づらをしていることは、もはや認めるわけにはいかないと憤りを感じています。

« 小泉総理の公務宗教参拝に抗議 | トップページ | あっという間の広報編集委員会 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/6467407

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者虐待防止法案を阻んだ張本人:

» ホテルコストの説明会 [三上直樹、かく語りき]
徹夜などする羽目になったのは、今日のホテルコストの説明会の準備が遅れていたから [続きを読む]

« 小泉総理の公務宗教参拝に抗議 | トップページ | あっという間の広報編集委員会 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ