« 乳幼児医療費給付削減を阻止 | トップページ | 2回目のヘルパー研修 »

2005.09.15

弘前市議会を傍聴

私のスキーでの大先輩でもある石岡千鶴子議員が介護保険事業計画について質問するので、弘前市議会を傍聴にいってきました。
私も同じテーマを取り上げていましたので、先日先に傍聴に来てくださっていましたので、それをうけてどう迫ってくれるか期待していましたが、答弁に立った健康福祉部長は、日常生活圏域は案であって確定ではない、地域包括支援センターは来年度じっくり協議していきたいと、慎重な答弁に終始しました。

他にりんご火傷病対策、わら焼対策、アスベスト問題を取り上げていましたが、最初に通告に沿って全部の質問を読み上げるスタイルでは、なかなか緊迫した論議にはならないのを、改めて感じました。

在任特例に無縁の私が言うことではありませんが、この点では相馬村でやっている一問一答方式が勝っていると思いますので、導入できるように協議してほしいものです。

« 乳幼児医療費給付削減を阻止 | トップページ | 2回目のヘルパー研修 »

合併」カテゴリの記事

コメント

西本さん、コメントありがとうございます。
Blogを通じて全国での議会の様子を知ることや情報交換ができ、本当に助かります。
弘前市の場合ケーブルテレビがありませんので、放映するとすればインターネットでのストリーミングという手になるでしょうが、そういう意識が全くないので、困ったものです。

追伸:別の記事にコメントしていましたが、トピックな記事に移動させていただいたことを、ご了解ください。

三上さんこんにちは。いつも楽しくブログを拝見いたしております。
ブログにありました、一般質問のスタイルのことですが、小浜市議会でも平成十四年から「一問一答」方式を導入しました。以前のスタイルは持ち時間一時間以内で、同一問題にたいして三回以内の質問形式でした。理事者にすれば三回持ちこたえることができれば質問から逃れることが出来ます。しかし、一問一答形式になってからは、そうはいきません。一問一答形式を導入するときに理事者側は嫌がっていましたが、いまではお互い馴染んできたように思います。当然議員も理事者も以前より増して勉強しなければいけません。とてもよいことです。ケーブルテレビにて市内全域に放映されており、見ている市民からすれば一問一答形式のほうが分かり易いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/5954828

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前市議会を傍聴:

» 一般質問でも、介護保険計画 [三上直樹、かく語りき]
月曜日は一般質問で、私も登壇しました。 今回は、舞鶴市議の岡本さんの取り組みを [続きを読む]

» 一般質問の日がやってきた~定例議会の山場です(9/16のおはなし)~暫定版 [埼玉県和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)]
一般質問の日がやってきました。 一般質問では、市政に関することを議員がテーマを選んで市に問いただしたり、確認したりします。 今回は初日の二番目。 最近いつも、一番目に質問するのは暴れん坊の「市民派女性議員」なので、その次はなかなか希望者がいません。私... [続きを読む]

« 乳幼児医療費給付削減を阻止 | トップページ | 2回目のヘルパー研修 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ