« 一寸先は闇、ではないようで | トップページ | レジデンシャルケア研究会議 »

2005.07.09

弘前市議会の説明会

8日、弘前市議会の運営、特に政務調査費についての説明会がありました。
在任せずに辞職を表明している私が弘前市のことを聞きに行くのもどうかとは思いましたが、住民としてはよりよい議会運営をしてもらいたいので、参加しました。

議会事務局長からの説明を受けて質疑になりましたが、弘前市の一般質問は緊張感がないので、一問一答式に変えてほしいという要望をするとともに、政務調査費をどういう経緯で導入したのかを臨席していた市議会議長に質問しました。
それに対する答えは、国の法律で決まった制度だから市でも取り入れたといったもので、何にも考えていないで導入したのがよくわかりました。
議員としての専門性は必要なことですが、それに専業しているわけでない立場にある人がほとんどなのですから、報酬そのものが政務費だと思いますし、その視点で議会を改革すべきだという思いを強くしました。

« 一寸先は闇、ではないようで | トップページ | レジデンシャルケア研究会議 »

合併」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/4887552

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前市議会の説明会:

» 同志へのエール [三上直樹、かく語りき]
10日に議決が行われ、相馬村は来年2月に弘前市・岩木町と合併して新・弘前市とな [続きを読む]

« 一寸先は闇、ではないようで | トップページ | レジデンシャルケア研究会議 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ