« ケアフォーラム実行委員会 | トップページ | 授業参観とPTA総会 »

2005.04.24

在介ネット

22日に、青森県在宅介護支援センター協議会の総会・研修会がありました。
前日に「介護予防市町村モデル事業中間報告」を手に入れて、資料として追加してもらったので、急遽その説明のために壇に上がることになりましたので、自分で用意していたもう1枚のペーパーについても紹介することができました。
それは、「在介ネット」の案内です。

在介協の関係でシンポジストや講演をする機会が増えたこともあって、県内外で人的なつながりができてきましたし、お会いしたことのない方からもメールで感想をいただいたり長慶苑の掲示板に書き込みをしていただいています。
最近の書き込みの中に、前向きに取り組もうとしている職員がトップや町の姿勢が変わらないことを嘆き、孤立無援で今後の見通しに不安を感じているのがありました。
名前がハンドルネームでメールアドレスもわかりませんので、直接励ましたり手を打つこともできないのですが、この方だけでなく情報交換や状況を語り合う場が必要ではないかと思い、Yahoo!でグループを作ったのです。

さっそく参加したいというメールも届いていますので、これが地域福祉の中核を担う関係者の梁山泊となることをめざしたいものです。

« ケアフォーラム実行委員会 | トップページ | 授業参観とPTA総会 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/3830597

この記事へのトラックバック一覧です: 在介ネット:

» 地域包括支援センター、いまだ見えず [三上直樹、かく語りき]
22・23日は、全国在宅介護支援センター協議会の第2回研修会でした。 今回は二 [続きを読む]

« ケアフォーラム実行委員会 | トップページ | 授業参観とPTA総会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ