« 6年生からの贈り物 | トップページ | 地域包括支援センター、いまだ見えず »

2005.03.19

夢を語る卒業式

15日の中学校に続いて、今日は相馬小学校の卒業式でした。
私の1年先輩のお母さんが、「すばらしい門出の日になったこと!」と、顔を合わせたとたんに言い出すほどの吹雪の中で挙行されました。これもまた、思い出に残ることでしょう。

ところで、小学校ではこの数年卒業証書を受け取った後、壇上で自分の将来の夢を発表しています。
野球選手や保育士、パティシエといった具体的な職業をあげる子もあれば、「苦手なこともがんばる人になる」といった人間像を掲げる子もあり、聞いている方も楽しくなります。
ちなみに介護の仕事というのも必ず何人かいるのですが、今年は男の子一人でした。うれしいような、残念なような気持ちでした。 何はともあれ、卒業おめでとうございます。

« 6年生からの贈り物 | トップページ | 地域包括支援センター、いまだ見えず »

相馬村」カテゴリの記事

コメント

トラバありがとうございました。熱血先生のブログ見せて頂き観劇いたしました。熱い先生の想いが伝わってきます。我々は昨年11月に合併したばかりの南砺市をいかにして住みよい市にするか?日夜がんばっています。今後ともご活躍あらんこととご指導賜りますようお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/3355568

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を語る卒業式:

» 6年生からの贈り物 [三上直樹、かく語りき]
昨日、卒業を間近に控えた相馬小学校の6年生が、自分たちが4年の頃から集めてきた [続きを読む]

« 6年生からの贈り物 | トップページ | 地域包括支援センター、いまだ見えず »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ