« 乳児検診を守れ | トップページ | これでも合併の理不尽 »

2005.02.09

二つの研修

ちょうど介護保険法の改正案が閣議決定されましたが、時を同じくして一昨日、昨日で二つの研修に出てきました。

一つは介護支援専門員の実務研修に指導者として、もう一つは在宅介護支援センターの再編に関する研修会に主催団体の役員としての参加でした。

現場でこれから活躍してもらう介護支援専門員の第一歩目にきちんとした研修をするのは大切なことですので、今年は指導にあたるメンバーでワークショップの手法を取り入れてみましたが、例年より理解してもらえグループ内での意見も出ていたように思えましたので、変えた甲斐がありました。
再編に関する研修会では、今回の改正の要となっている介護予防の中核を担う「地域包括支援センター」について全国在介協の浜野委員長の情熱あふれる講演を、センターの管理者ばかりでなく市町村の担当者にも聞いてもらうことができたので、これからやるべきことをインプットしてもらえたことと思います。

長慶苑そのものできちんとしたケアをしていくことが何よりの基本ですが、こういった形で業界のために微力を尽くすのも大事な仕事だと思っています。

« 乳児検診を守れ | トップページ | これでも合併の理不尽 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/2859818

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの研修:

» ケアプラン研修会 [三上直樹、かく語りき]
こんなクリスマスでにぎわう舞浜のホテルで、研修会が開催されています。 内容は、介 [続きを読む]

« 乳児検診を守れ | トップページ | これでも合併の理不尽 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ