« 郡連Pスクール | トップページ | 弘前市で住民投票の動き »

2004.12.07

誰がために、合併はある

昨日、合併特別委員会がありました。
15日に予定されている法定協設置の議決後のスケジュールや、12日に開催が決まった村での住民説明会のことなどが説明されましたが、27日の首長会議で基本構想については話題にも上らなかったとのことでした。
当日同じ時間に新市建設計画の専門部会も行われていたのですが、事務的な調整はそちらに任せるとしても、新しい市をどのような方向に進めていくのか、トップが合意し構想を示した上で是非を判断するのが正道であるのに、まず合併ありきではお話になりません。

それに加えて、議員にかかわることでも本来は認められるはずもない条件を弘前市側が示したのですが、合併推進の一点だけで、私を除く他の全議員がこれを受け入れる意思表示をしました。
内容は今のところ公開できませんが、住民からすればやっぱり議員の自己保身としか思えないことだとだけは、いっておきたいと思います。

合併そのものを否定はしませんが、地域を守れそうにもない、合併のためだけの今回の合併には、反対をする決意です。

« 郡連Pスクール | トップページ | 弘前市で住民投票の動き »

合併」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/2178122

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がために、合併はある:

» 村としてのプライド [三上直樹、かく語りき]
昨日は午前中に議会広報委員会、午後は合併特別委員会に農協役員との懇談会と、予定ぎ [続きを読む]

« 郡連Pスクール | トップページ | 弘前市で住民投票の動き »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ