« 真由美さん、おめでとう! | トップページ | せっかくのチャンスが »

2004.09.24

ありがとう、古田

オリックス・近鉄の合併からはじまって、史上初のストライキ、ライブドア・楽天の参入と、昨年の今頃では考えてもみなかったドタバタを経て、ようやく来季のセ・パともに6を維持しながら、新たな発展に向けて話し合いを続けることで、交渉がまとまりました。
これにはファンの後押しや、ようやく固い頭を方向転換した経営者側の歩み寄りもありますが、あのナベツネに「たかが」と言われた選手会をまとめ上げた古田敦也選手会長あってのことだと思います。

捕手としての守りで評価されていたのが、いつの間にか4番を打ち首位打者まで獲得するほどになり、球史に残る選手の一人なのは間違いありませんが、今回のことでプロ野球を救った男として語り継がれることでしょう。
ちょうど私とは同い年になりますが、巨人のV9という全盛期が記憶の隅にあり、そこから野球をはじめた世代だからこそ、「プロ野球を衰退させるわけにはいかない」という思いで、この難局を投げ出さずに立ち向かったのではないかと思えます。
本当にありがとう、そしてお疲れ様、古田。残った試合は、存分にプレイに没頭してください。

« 真由美さん、おめでとう! | トップページ | せっかくのチャンスが »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/1507946

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、古田:

« 真由美さん、おめでとう! | トップページ | せっかくのチャンスが »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ