« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.30

今回は、水害

前回の18号で暴風の被害を受けたばかりですが、今回は大雨で水害が心配な状況です。危険水位を超えた箇所もあり、消防団にも出動の命令が出ました。
だいぶ雨脚は弱まってきましたが、何事もなく済むことを祈っております。

Pht0409301236.jpg

2004.09.27

年金未納の厚労相では

第二次小泉改造内閣が発足しました。総理本人は、「郵政民営化実行内閣」などと悦に入っているようですが、内心反対の大臣もいますし、それ以外の課題にも取り組めるのか不安が残る人事だと感じます。

中でも、年金改革を抱え、その先に介護・医療改革が待ち受けている厚生労働大臣に就任した尾辻さんは、年金の未加入期間がある人です。つい、この間まで要職につく上での最大のネックとなっていたことが、その頂点に立つところですらあっさりと踏みにじられてしまうような人選が行われるのでは、これからの年金抜本改革はお茶を濁す程度だというのが見え透いてしまいます。

この間までの日朝協議も不調のままですし、もはや小泉総理に改革を期待するのはムダなことだとしか思えません。

2004.09.25

せっかくのチャンスが

ライブドア・楽天がともに仙台をフランチャイズとして申請したことによって、東北にもプロ野球が身近になる可能性が高くなっています。本拠地となるとカネヤン時代のロッテ以来のことですし、ライブドアは6県で試合を行うことを表明しています。
どちらになるかはともかく、東北をベースにしたチームができれば、ぜひ応援したいものです。

両社からラブコールを受けている宮城の浅野知事はもちろん目立っていますし、秋田の寺田・岩手の増田知事が積極的な歓迎を表明して取り上げられていますが、東北で唯一青森県だけはコメントをしていないそうです。
それでなくとも、イースタンでも何とか、1軍公式戦となるとほとんど開催されない青森県にとっては、千載一遇のチャンスなのに、なぜ前向きなコメントすら出せないのでしょうか。
これまで北東北3県で進めてきた合併論議も、現三村知事になってから後退した感がありますし、知事としてのリーダーシップやプレゼンスも、他の知事に比べるべくもありません。
代議士時代よりはマシになったという声も聞きますが、リーダーとしての絶対評価では赤点と言わざるを得ません。軽佻浮薄に笑っている場合ではないですよ、三村知事!

2004.09.24

ありがとう、古田

オリックス・近鉄の合併からはじまって、史上初のストライキ、ライブドア・楽天の参入と、昨年の今頃では考えてもみなかったドタバタを経て、ようやく来季のセ・パともに6を維持しながら、新たな発展に向けて話し合いを続けることで、交渉がまとまりました。
これにはファンの後押しや、ようやく固い頭を方向転換した経営者側の歩み寄りもありますが、あのナベツネに「たかが」と言われた選手会をまとめ上げた古田敦也選手会長あってのことだと思います。

捕手としての守りで評価されていたのが、いつの間にか4番を打ち首位打者まで獲得するほどになり、球史に残る選手の一人なのは間違いありませんが、今回のことでプロ野球を救った男として語り継がれることでしょう。
ちょうど私とは同い年になりますが、巨人のV9という全盛期が記憶の隅にあり、そこから野球をはじめた世代だからこそ、「プロ野球を衰退させるわけにはいかない」という思いで、この難局を投げ出さずに立ち向かったのではないかと思えます。
本当にありがとう、そしてお疲れ様、古田。残った試合は、存分にプレイに没頭してください。

2004.09.20

真由美さん、おめでとう!

パラリンピック水泳で成田真由美さんが幸先よく金メダル発進です。それも世界新ですので、今大会も期待できます。まずは、おめでとうございます!
両親が相馬村出身で、そのご縁で長慶苑を訪問してくださったこともあるので、断然応援しているのですが、これだけ注目を集めているのにもかかわらず、中継がほとんどないのはガッカリです。
こういうことまで、障害の一つとして向き合うのも大変なことですが、それをはね返すだけの活躍を、これからも期待しています。

DSC01488.JPG

2004.09.18

高遠菜穂子さん講演会

日付が変わったので昨日となりましたが、弘前市で高遠菜穂子さんの講演会があり、聞きにいきました。

拘束事件そのものよりは、同じときにイラクでどういうことが起きていたのか、今どういう活動をしようとしているのかがメインでしたが、イラクで何ができるかというのから、イラクで何をすべきかという義務感を感じるようになったことや、イラクから逃げていては前に進めないと思っていると話していました。
老人ホームでボランティアしたときにはわからなかったが、海外で看取りにかかわってはじめて命に国境はないことに気づいたという話も印象に残りました。
それから「自己責任」について、家族の極端な発言の部分だけを報道されてしまったのでそういう批判を呼ぶことになったが、前後のやりとりを紹介してもらえればそれが誤解であるのをわかってもらえると話していました。報道の怖さを感じさせる話です。

あれだけ危険な場所に行くからには、思い詰めたような気持ちがあるのかと思いきや、ナチュラルな感覚で自分の役割を果たそうとしているのだというのがわかり、拘束された特別な人だからではなく、平和のために大事な活動をしているからこそ、これからも応援していきたいと思いました。

DSC01487.JPG

2004.09.15

22:30終了の軽さ

この時間は、昨夜の青森県新プラン指標策定小委員会の終了時間です。夕方18:00から開催したとはいえ、予定時間を30分オーバーし、ようやく終わりました。

これは、新プランにそれぞれの分野ごとに目標値を設定し、より具体的に計画に取り組むようにするための作業だったのですが、同じ作業を政策マーケティング委員会で取り組んでいる私としては、少々納得のいかないものがありました。
この大事なことが、県の課長とごくわずかの県民からのアンケートによって出された集計値をもとに、たった一回の会議で決まってしまうというのは、時間がないとはいえ、画竜点睛を欠いていると思います。ないよりはマシなのかもしれませんが、こういうあたりに計画の重みのなさがでてしまいます。

この作業が意味あるものになるよう、これからの実施計画や具体的なアクションプランには、徹底した議論と時間が必要だと思っています。

なみおか・アートプロジェクト

昨日、青森市での会議の前に、浪岡町・中世の館を中心に開催されている「なみおか・アートプロジェクト」に寄っていきました。

メインになっているアート展の石沢暁夫さんは、公私ともにお世話になっている方で、「全国技能グランプリ」で何度も入賞している青森県を代表するクリエイターであり、その才能をまちづくりにもいかしているすばらしい方です。

小学校時代の版画から最新作まで、さまざまな作品があふれていまして、ちょうど会場にいたご本人から説明をしていただきました。デザインは精巧・緻密なのですが、アクリル画の連作は大胆で迫力があり、その一方でユーモアあふれる作品名のオブジェもあるという、バラエティある展示を楽しんできました。
他にも街なかアートやイベントも盛りだくさんですし、写真のように自分の車までアートに使う石澤さんの意気込みあふれるこのプロジェクト、20日までですのでお近くの方にはぜひご覧いただきたいと思います。

DSC01483.JPG

2004.09.13

岩木山お山参詣

今日は、岩木山お山参詣の日です。明日が旧暦の八月一日で、その前の日に津軽一円から「サイギ、サイギ」のかけ声と登山囃子を響かせながら、岩木山へと向かうのです。
相馬村でも、三年前から相馬地区を中心に参詣が復活し、今朝長慶苑の前を進んでいきました。天気に恵まれたのが、何よりです。

私の地区は、お山参詣も獅子舞もないところなので、参加する機会がありませんが、今回は昨年の選挙で使っていたハンドマイクが借り出されていったので、少しだけ参加した気分で見送りました。

DSC01476.JPG

2004.09.10

正念場の定例会

今日から9月定例会がはじまります。決算認定が中心となるのが通例ですが、今回はそれ以上に合併のあり方をさまざまな形で議論することになります。
思いがけず弘前市が中津軽郡3町村との協議をしたいという姿勢を示してから、はじめて話し合うことになりますが、私としてはまた高慢な条件を突きつけられて無為の時間をさらに費やすことになるよりは、まず3町村でしっかりとした地域づくりをした上で、将来の大合併に向かうべきだと思っています。

2004.09.09

とうとう、被害が

立て続けの台風上陸でしたが、15・16号とほぼ無事に終わってきただけに、今回も何とかと願っていましたが、とうとう吹き返しの強風でリンゴに相当の被害が出ました。
昨日は、議会で説明と現地視察に行ってきましたが、風速33mとはいえ長い時間吹き続けていたせいか、平均で3割以上、ひどいところでは全滅の状態です。今のところ被害額は7.6億円ということですが、樹上損傷といって落ちないでいるリンゴも傷だらけですので、それを見込むと10億円を超えるのではないでしょうか。
相馬村の場合、人的被害がなかったのが救いですが、二年続きの強風被害、それ以外にも霜や冷夏での被害とずっと続いていまして、自然相手の仕事は大変なものです。

DSCF0006.JPG

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ