« 長慶苑のBlog | トップページ | 小泉、No!だ »

2004.07.09

不毛なる論議の末に

弘前市を中核とする津軽南12市町村の法定協が解散となりました。
会場となったホテルに別件の用事もあったので、最初で最後の傍聴にいったのですが、「泥をかぶる」といっていたという金沢・弘前市長は、事務的に議事を進めるばかりで、加えて社民党所属の副議長の休憩の声がはねつけられるとみるや、助役が解散を提案して、それでおしまいという、わずか20分の茶番劇でした。
こんな場面のために、1年近くも不毛な論議につきあってしまったのには、自分としても情けなく、責任を感じているところです。

残された短い時間で、この失地回復をし、未来につながる合併をめざしていくしかありません。

DSC01265.JPG

« 長慶苑のBlog | トップページ | 小泉、No!だ »

合併」カテゴリの記事

コメント

地元の東奥日報の記事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/936394

この記事へのトラックバック一覧です: 不毛なる論議の末に:

« 長慶苑のBlog | トップページ | 小泉、No!だ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ