« 小沢、玉砕? | トップページ | 小泉幻想の終わり »

2004.05.18

いんちきワークシェアリング

我が青森県は、有効求人倍率で全国最下位を独走しています。それだけに雇用対策は最大の懸案事項なのですが、その一つであるワークシェアリング推進の実情を知って愕然としました。
先ほど県のマークが入っている、「ワークシェアリング普及推進員」の肩書の名刺を持った方があいさつに来られたので、てっきり県職員かと思いましたら、1年間で月の半分働く契約社員なのだそうで、県内には11名いるそうです。分厚い資料をざっと説明されただけで、昨年度の実例がどんなものかも教えてもらえずに、とにかく事業所を回ってくれと言われているだけだとのこと、どうやっていけばいいものかとご本人も困っているそうです。
これでは、昨年度2件しか実績につながらなかったのも肯けます。

« 小沢、玉砕? | トップページ | 小泉幻想の終わり »

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

本来はこんな制度なのですが、これでは何だかわかりません。

それでも、県では取り組んでいることにできるわけです。さすが、お役所仕事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/612934

この記事へのトラックバック一覧です: いんちきワークシェアリング:

« 小沢、玉砕? | トップページ | 小泉幻想の終わり »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ