活動報告と約束、ネットでも配布

市議選まであと60日となった昨日から、あいさつ回りをはじめました。
他の候補の活動ぶりからも、前回の自分よりも大きく出遅れた感はありますが、今回は単なるお願いではなく、4年間の活動を評価してもらうためにきちんと報告をまとめ、これからの4年間で何をするのかを明確に示すために議会改革ワークショップを終えるまでは動きようがなかったので、これからエンジン全開で動きたいと思います。

前回配付した資料はA4裏表のもので、1面は「約束」の箇条書きが大書されているというシンプルなものでしたが、今回はA3裏表びっしりの報告と2011年議会改革に絞り込んだマニフェスト、さらには4年間の活動・見聞全記録がさらにもう1枚あるというシロモノになりました。
こうしてみると、それだけの密度の活動をしてきたと自負できますが、その一方で掲げた約束はほとんど実現できていないことに、議員としてのマニフェスト設定が甘かったことを反省しています。

これまでご支援いただいた方々にはきちんとお届けしたいと思っておりますが、さっそく読んでみたいという方、リアルにはかかわっていないのでネットを通じて応援してくださっている方、そして三上なおきを厳しく見てくださっている方に、ダウンロードしていただきたいと思います。
もちろん、これを見てくださって直接話を聞く場をもうけたいとか、ここに郵送してくれといった申し出は可能な限りうけたまわりますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議会改革を共通の旗印に!

1/31に続いて2回目の議会改革ワークショップを開催しました。
前回より参加者が増え、その中には4月の市議選に初挑戦する菊池勲君も加わってくれ、4時間近い充実した話し合いができました。

ワークショップの進め方としては、まず議会の現状に対する課題・疑問を出してもらい、それに私から説明した上で変えるべき項目を出してもらうという流れで行いました。
その中でハッとさせられたものがあり、「議会としてのマーケティング」「議員という呼び方変える」というのはさすがに思いつきもしなかったことでしたが、アクションプランを通じて行政側のマネジメントや成果について問いただしている立場であるのに、それを自分たちに向けていなかったことを反省し、市民との壁があるのを根本的なところから考え直してみるという発想が欠けていたことを痛感しました。

IMG_2591

全体をまとめてみると、議会基本条例にかかわる項目、議会としての情報公開・発信にかかわるものが多く、やはり取り組むべきはこの二つであることが確認できましたので、これを選挙戦でともに掲げ、改選後にこのテーマに関しては共同戦線をはっていくことを、参加者の前で菊池君と約束しました。
また自分としては、議会改革を進めるためには神奈川県議会第100代議長・松田良昭さんが実践されたように、議長選を密室の候補選びと投票ではなくマニフェストを表明してのオープンな選挙を行ってリーダーシップが取れる存在とすること、議員定数や報酬に関しては議会だけの話し合いではなく市民と協議する場をもうけることを同時に掲げたいと思っています。
これをまとめると、これが議会改革のマニフェストになります。(◎が共通、○は個人)
「議会改革は議員の仕事です」
◎議会の情報公開・発信
◎議会基本条例の制定
○指導力ある議長をオープンな選挙で
○定数・報酬を市民と議論
○事業仕分けを議会の仕事に

これらのことは議会がチームとなって取り組まなければできないことですが、もう一つ実現するしないにかかわらず自分だけでできる約束をしたいと思います。それは
議員の任期制導入 です。
先日、ツイッターで「地域政党いわて」高橋博之県議とこの件で意見交換して意気投合しましたが、彼は30代の前途ある存在であるにもかかわらず(あるからこそ)、すでに街頭演説やサイトで意思表示をはじめています。
次期で高橋県議は3期、私は当選すると村議時代からあわせると4期となりますが、任期中はプロとして全力で取り組むのは当然としても、それを生業というより稼業のようにしてしまうことが議員不信を招いている要因であるのは明白ですから、議員を経た人材のライフキャリアという課題を考えながらも、区切りある議員活動を自ら身をもって示し、それを全体で実現する努力をしたいと思っています。

名古屋市や阿久根市では市長の当落とは別に、ともに議会解散を市民が選んだように、政党不信以上に議員不信というのは根深いものがありますが、それを首長や住民に突きつけられて変わるのではなく、議会改革こそ議員自ら率先して取り組むべき仕事だと思います。
特に弘前市は、葛西市長に交代して1年足らずのうちに市政刷新が進み市役所の雰囲気が変わるという大きな変化が起きていますが、そこで唯一取り残されているのが議会です。
「議会を変える、弘前が変わる」というタイトルで書き続けてきましたが、今は「弘前は変わった、議会を変えねば」という状況ですので、今回は議会改革一本に絞って闘うことを表明します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般質問:アクションプランに切り込む

「口利きシンポジウム」問題で順番が逆になってしまいましたが、今回の一般質問での論戦をお伝えします。
今回はメインをアクションプランとし、小項目として【「7つの約束」の指標設定/プラン実施にかかる負担/市民評価・第三者評価/議会とのかかわり方/定住自立圏構想/「進化・成長」の考え方】と6項目を通告するほど細かいところまで切り込むつもりで臨みました。

指標設定と「進化・成長」については、全項目を検証してみると、「何をするか」=アウトプットは書かれていても、それによって「何が変わるか」=アウトカムについてふれているものがほとんどなく、この150を超える事業によって「7つの約束」の指標を達成することにつながっていくのかと問い、項目の指標を見直すレベルの「変化」ではなく、重点事業の「スマイル33」と挑戦する事業としての「チャレンジ67」の入れ替えや、アウトカムの設定から市民満足度による評価ということにつなげてこそ「進化・成長」することになるのではと提言し、これについては葛西市長に前向きに受けとめていただきました。
また、市民評価・第三者評価については、市の事業として行うのか、政治家・葛西憲之としてJCなどに検証してもらうのか、手法を考えてほしいと提起しておきました。

プランにかかる負担については、事業の多寡に差があり、これを「部長実行宣言」という形で実行していくことでの負担や仕事量に対する不満について指摘しましたが、事務事業の見直しや部課における配置見直しで対応できるし、仕事をしていく上である程度の負担は必要であると市長は断言しました。
私としても、負荷のかかる仕事でこそ成長や達成感につながると思っていますので市長の態度には大いに賛同しますが、これをスピーカー越しに庁内放送で聞いていた職員にはどう響いたのか知りたいところです。

定住自立圏構想については、方向が一致しているとしている前市長時代の「基本構想」には広域での連携には一言もふれていないこと、他市町村とかかわる重大なことについて計画レベルの一つの柱として取り組むのは失礼ではないかと問いましたが、市民のニーズに合わせた見直しということが構想にもあると逃げられました。
また、議会とのかかわりについて、アクションプランに議会の一文字もないことを指摘し、その上で評価のサイクルの中でプラン全事業を議会に「仕分け」するようなシステム変更を市側から持ちかけてはと提言しましたが、具体的な返答はなく、この二項目については不完全燃焼に終わりました。

再々質問では、企画部長に今回のプランで新規に取り組む事業はいくつであるのか事務的な確認をしたところ、後ほど回答するとなるくらい詰めきっていない部分が残るアクションプランですが、個別の新規事業もさることながら、前期計画から大きく後退した県総合計画や1年早く就任した鹿内青森市長のマニフェストの進捗状況をはるかに超え、小林八戸市長の取り組みに並ぶレベルのプランとなりましたし、それだからこそ細かいところまで切り込み今後の検証も可能になりますので、大いに評価をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクションプランで全員協議会

葛西市長のマニフェストを実行していくためのアクションプランが公表されましたが、それに先だって議会に対する説明の場として全員協議会が開催されました。
これまで、全員協議会は市側からの一方的な説明の場として位置づけられ、質問さえはばかられるという不思議な慣例があったのですが、先日の会派代表者会議において質問が認められましたので、内容そのものではなく策定のあり方や従来の総合計画における基本計画との関係などについて、質疑がかわされました。

そこで明らかになったことを列挙しますと、このアクションプランは総合計画の基本計画を置き換えるもので市長の任期にあわせて2013年度まで毎年PDCAサイクルに沿って見直しをし進化成長させていくものであること、「7つの約束」に対する成果指標が設定されていること、それを実行していくために「部長実行宣言」を打ち出して公表することなど、思い切った部分がかなりあります。
何といっても「スマイル33」「チャレンジ67」のすべてが事業化され、その行程表と支出見込みまでついていまして、本気で実行していこうというのが形に表れていますし、ここまで半年の時間のうちにまとめたことには敬意を表したいと思います。

この中で「部長実行宣言」は、浜松市などで先行事例がありますが、なかなかここまで踏み込んでマニフェスト実現を進めている例は少なく、これが部局ごとの包括予算方式といった予算編成での改革につながっていくことも期待できます。

一定レベルをクリアしたプランができたことによって、チェックする側の議員としても真剣に向き合わないといけませんので、まずは昨年のマニフェスト大賞で最優秀アイディア賞を受賞した八戸市議・石橋充志さんの取り組みを参考にした各課を回っての検証をしたいということを議場で宣言しておきました。
さらに言うと、実際のところでは青森県政策マーケティング委員会や青森県総合計画審議会フォローアップ委員会での指標設定や施策事業評価にかかわってきた者としては、事業ごとの何をするのか=アウトプットは出されていても、どういう成果=アウトカムをめざすのかはほとんど打ち出されていませんし、それぞれの事業と「約束」の成果との関連づけができているのか見えてこない部分があり、これが各課検証で大きな位置づけになってくると思います。
また、何人かの議員から議会とのかかわりが全く書きこまれていないとへの指摘がありましたが、この事務事業評価を自己評価と市民による第三者評価だけでなく、議会による事業仕分けを取り込んだ決算審議というか事業報告審議へのシステム変更など、議会の側からの提言をしていくこと、そしてこのアクションプランの部分までを議決対象とし、和光市のように特別委員会でしっかり審議するところまで見すえた改革をめざしていきたいと思います。

国政においては次から次へとマニフェストを反故にする民主党政権のせいで、マニフェストの実効性が問われていますが、地方政治ではしっかりとマニフェスト型の政治に取り組む首長がいますし、その輪の中に弘前市が加わることができたと言ってもほめすぎではないでしょう。
ローカルマニフェスト推進地方議員連盟結成時からかかわってきた者としては本当にうれしいことですし、それだけにしっかりと厳しく前向きな向き合い方をしていきたいと思いますので、葛西市長お覚悟を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会として、そして個人としての決断

地元紙にも大きく取り上げていただきましたが、昨日午後に記者会見を行い、「市政を変えるマニフェストの会」および三上直樹個人としての市長選に対する姿勢を明らかにしました。
結論としましては、前副市長・葛西憲之さんと大筋のところで方向性の一致を確認し、そのマニフェストに私たちのマニフェストを反映させることで支援していくことにしました。

記者の方々からは、現職は記者会見で相手にしないという本人からの返事なのに対し、葛西さんからは本人としての回答がないことをいぶかしがる声や実際にマニフェストに反映できるのかといった懸念など、鋭い突っ込みをされましたし、別の報道では連合が葛西陣営を支持するにあたって、私たちが提言している職員給与の20%カットにはくみしないことを承諾したということもありますので、大同団結であっても私たちが一番大事だと思っているものが切り捨てられることになりかねない決断だとは思っています。

ただ、この決断にあたっては、23日の「弘前青年政経フォーラム」との意見交換および前後でのやりとりで、私たちと同じ世代の経済人が市政を変える熱い思いを共有していることを実感しましたし、彼らがビジョンを策定するために、そして私たちが政策の検証をしていくために、月例での勉強会を市長選後も続けていこうという、次の一歩が踏み出せる確信が大きな要素になっています。
葛西さんが当選しても、現職が再選しても、どのような政策が実行され、何が実行されないのか、そしてそれが市民生活に資することなのかどうかを見極めていくこと、その活動を通じて弘前市の古い政治意識を変えていく仲間とともに活動していくことを、今回は大事にしたいと思っています。

また、私自身は市議という立場ですが、陣頭に並んだりあいさつ回りをしたりといった旧来の役割で選対に取り込まれたような応援をするつもりはありません。
私ができることは、まだまだ浸透していない葛西さんの主張をより多くの人に伝えること、その手法を通じて新しい政治への変化を感じてもらえるようなことだと自負していますので、これからも注目していただくよう、よろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

意見交換、23日に実現

1日のマニフェスト公表の際に両陣営に申し入れをした意見交換ですが、葛西候補を支援する団体の一つである「弘前青年政経フォーラム」(佐藤浩之代表)が、勉強会の一環として実現の仲介をしてくださいました。本当にありがとうございます。

代表の佐藤さんはじめメンバーの多くは同年代として交流のある方々であり、弘前市を刷新したいという思いは共通していると思っています。
その仲立ちを受けての意見交換ですので、マスコミを含めたオープンなスタイルでのこちらの提言や葛西候補の思いを交わす機会であるとともに、フォーラムのメンバーや当日参加の市民の方々と語り合う絶好の場となると思いますので、ぜひ多くの方々に「やっぱはまって」いただきたいと思います。
「フォーラム」様からのご案内を、下記転載いたします。

--
弘前青年政経フォーラム勉強会
『市政を変えるマニフェストの会との意見交換』のお知らせ

時下 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
私ども、弘前青年政経フォーラムは、自分たちの暮らすこの弘前が、自分たちの子や孫、愛ずる人々が、笑顔で豊かに暮らせるまちであり続けたいとの思いから、青年経済人の有志で結成された団体です。
その思いを達成するひとつの手段として、この4月に予定されている弘前市長選において候補予定者の葛西憲之氏を支援する団体のひとつでもあります。
そのような活動をしている中で、市政を変えるマニフェストの会様より、同会が作成したマニフェストに関しての意見交換会の要請がありました。
当会では、手段やプロセスの違いがあっても、弘前市民の幸せを願うという目的は同じであり、その目的に向かってお互いに協議しながら弘前市の未来のビジョンを描くことが「対話と創造」であるとの考えからこれを受諾しました。
そこで、かねてより当会で予定していた葛西憲之氏との勉強会に同会のメンバーをお招きし、意見交換をすることとなりました。勉強会には葛西憲之氏も同席する予定です。
また、同会と協議の結果、この意見交換の模様を、記者の皆様にも公開することとなりました。
詳細は下記の通りとなっておりますので、ご案内申し上げます。

弘前青年政経フォーラム/代表 佐藤 浩之

日  時/2010年2月23日(火) 19:00より
会  場/弘前市総合学習センター 2階大会議室(弘前市末広4-10‐1)
プログラム/19:00 開会
19:00 政経フォーラムより趣旨説明
19:10 マニフェストの会プレゼンテーション
19:20 プレゼンテーションの内容に関しての意見交換
19:50 フリーなテーマでの意見交換
20:45 勉強会終了

| | コメント (9) | トラックバック (0)

意見交換は最終調整中

記者会見およびBlogでは10日を期限としていた出馬表明中の2候補との意見交換ですが、相馬陣営からは反応がなく、もう一方の葛西陣営からは支援する団体の一つが葛西候補と私たちの仲立ちをしてくれ、日時会場、運営方法などについて最終的な詰めをしてくれています。
これは相手のあること、さらに仲介していただいていることですし、一方ではこの間の流れについてメンバーでの情報共有と意見交換をする必要もありますので、13日には意見交換に関する発表をしたいと思っております。

私たちのめざしていることは、1年かけて作ってきたマニフェストやその骨子を、次の市政に反映することですので、それにつながる可能性に向けて、最後の最後まであらゆる可能性をさぐっていきたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「市政を変えるマニフェスト」公表

多くの市民の方々にご協力をいただいた「市政を変えるマニフェスト」を、記者会見を通じて公表しました。こちらからダウンロードできます。

マニフェストを表すキーワードとしたのは、津軽弁で「やっぱはまり」という語です。
口出しをする、おせっかいをする人という意味で、どちらかといえば肯定的には使わない語なのですが、ビジョンを話し合った最終例会で、「単なる連携ではなく、一歩も二歩も踏み込んで新たな展開を生み出していく」というのを表現するには最適な語であると共通認識に至りました。
今の閉塞した危機的状況にある弘前市を変えるには、協働や連携といった生やさしいスタイルではなく、自分の持てる力で他の分野にまで出張って入り込んでいくことで、そこでぶつかり合うエネルギーが新たな展開を生み出していく必要があるという思いがこめられています。
ちなみに、津軽の気質を表す言葉に「足ひぱり」というのがありますが、これは自分では何もしないのに何かしようとしている人を陰から批判したり、失敗するようにしむける人をさすのですが、これこそ今の弘前市を表す語であり、そこから脱却していくには「やっぱはまり」の精神が求められていると思うのです。

また具体的な政策とすれば、人口減少を少しでも食い止め、後継者を一人でも多く残して基幹産業である農業崩壊を防ぐために市が半農半公務員のスタイルのワークシェアリングで年間100人を採用すること、生活困窮している方々を対象に市民税個人分の10%にあたる7億円の減税を実施するため、特別職および職員の人件費を最終的に20億円カットすることを中核にすえています。
それだけ、財政的にもまったく余裕のない中で、危機に瀕している地域や産業の維持存続のために、思い切った痛みの伴う手だてが必要だと考えています。

これをもって、現在出馬を表明している両陣営に、日時場所を調整し市民マスコミ同席の上でオープンな形での意見交換を10日以内に受けていただきたいと提示することにしています。
今後の経過につきましても報告してまいりますので、ぜひ注目していただきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「市政を変えるマニフェスト」最終例会

改めまして、「市政を変えるマニフェスト」も最終例会のご案内をいたします。
21日のビジョンに関する例会で一通りの作業は終わりましたので、マニフェストとしての体裁を整えたものを最終月例会で公表し、最後の詰めをして皆さんと成案にしたいと思っておりますので、関心のある市民の皆様、ぜひともご参集くださいますよう、お願いいたします。

日時:1/28(木)18:00〜
場所:弘前市民会館 小会議室

そこで調整したものを、2/1(月)に記者会見で公表し、2/4(木)に両陣営にマスコミ同席のオープンな場で採否をうかがった上で、最後の方向を定めたいと思っております。
なお、新聞紙上や風説で私自身の出馬のことがふれられていますが、個人としての思いはあるにせよ、市民の皆さんと取り組んできたマニフェスト活動を全うすることが優先であると思っておりますので、最後までのご理解ご協力を重ねてお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

市政を変えるマニフェスト、ラストスパート

出馬表明の両候補も動きが活発になっているようですが、それと一線を画して、市民の立場で市政を変えるというのはどういうことか、最後まで話しあっていきたいと思います。

自治:1/14(木)
ビジョン:1/21(木)
まとめ:1/28(木)

いずれも18:00から、場所はいつもの市民会館会議室です。
ぜひ、多くの市民の方々にご参加いただきたいと思っております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧