議員期の終わり

2007年5月1日からの市議としての任期は、今日で満了です。まずは、お世話になった方々、市民の皆様にお礼申し上げます。
昨日はご縁ある方々にメールでおわびとお礼を伝えましたが、たくさんの激励の返信をいただきましたし、昨夜のかだれ横丁での「わもなも☆畑」キックオフでも、弘前公園本丸での「ラジオdeキャンドルナイト」でも多くの方とりわけ葛西市長からまで残念だったとお言葉をいただき、これだけの方々とご縁をいただいた4年間であったこと、それを生かすことができない結果になったことを、改めて思いました。

議員としての終わりの日に振り返ってみますと、議会の中で改革にもがいたことも一番質問に立ったことも、市政を変えることにつながったと市民の皆様に思っていただけてなかったのを痛感しますし、議会を変えることが大事だということを理解してもらえるだけの機会とアクションが決定的に足りなかったと猛省しています。
他の議員のように後援会を組織し、それをリードする有力支持者がいるというスタイルを取っていない分、私自身で2000人の方々に直接報告して理解してもらうことが必要だったと思っても後の祭ですので、6月定例会で新しい顔ぶれでの議会を傍聴した上で、議会改革や市政にとって大事なことを伝え動く必要があると感じた時には、それだけのアクションをはじめたいと思っています。

一方で、議員という立場から離れて考えてみると、市政とりわけ政策決定や評価にかかわるには各種審議会に公募委員として加わる方が発言権が大きいですし、これまでかかわってきたことでも議員でなければできないということは一つもないのも事実ですし、議員でなければならない必然性はどこにあるのか考えてしまいます。
河村名古屋市長や橋元大阪府知事の首長主導の地域政党には議員として反発を覚えてきましたが、2003年に青森県政策マーケティング委員会委員になった際に議会制政治からプロジェクト型政治への転換を妄想したメールマガジンを発行していたのを思い返すと、議会以上に市民との対話を重視している葛西市政においては、私たちの「市政を変えるマニフェスト」を取り込んで策定されたアクションプランを動かし評価する市民としての立場からかかわるチャンスは多いと思います。

ところで、記事のタイトルはご存じのとおりアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」から拝借していますが、議員としての終わりであるとともに、ニーチェの「ツァラトゥストラかく語りき」にある、幼年期=子どもとしての自分の思いだけで自己満足したあり方から、獅子として全力で闘う時期へと移行していくべき節目であるという思いをかけています。
獅子として闘うべきステージはどこなのか、まずはそこからスタートです。

終わりに、このBlogは今後更新はしませんが、市議・三上なおきの4年間の軌跡をたどるために残しておきたいと思います。
これまでのご購読やご意見、本当にありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

落選の現実を受けとめる

本日行われた弘前市議選で、1091票の貴重なご支持をいただきましたが、残念ながら96票足りず次点で落選となりました。支持してくださった方々に、何よりも先におわびいたします。

投票率が50.83%と下がり、昨年来の長慶会騒動で地元や福祉関係の信頼を失い、ギリギリまで震災支援に動いていたといった要因は考えられますが、議会で一番質問し、そのことも含めてネットでの情報発信や交流に力を入れ、今回の選挙戦ではノー選挙カーながら470ヶ所での街頭演説で自らの議会改革マニフェストを訴えてきた手応えの方が上回っていたのですが、選挙はそんなに甘くないものでした。
落選したという事実は、今の自分にとって無職になるという現実が突きつけられることになりますので、家族に物心ともに大きな損失を与えることになったのが何といっても情けないですが、議会改革にしても震災支援にしても弘前のまちづくりにしてもLM議連にしてもやりたいことだらけだったのが、不意に行く手をさえぎられて途方に暮れてしまいます。

「政治家は落選したら、タダの人」とはよく言ったものですが、落選しても正義を貫いたこと、やるべきことをしてきたことには間違いはなかったと思いますし、タダの人になっても弘前のために政治を変えるために動いていきたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

草莽の志士として、ネット選挙

弘前市議会議員選挙は、予定どおり17日告示されました。
今回は34人の定数に対し、36人が立候補ということで少数激戦と報じられていますが、内訳としては現職27名に新人9名、県議選に挑んだ斉藤爾・一戸兼一・松橋武史の3名に以前から党内での入れ替えが決まっていた山谷秀造・船水奐彦だけでなく、町田藤一郎・工藤栄弥の巨頭お二人が勇退をされたので驚きましたが、7名の方々には4年間一緒させていただいたお礼をここでお伝えしたいと思います。

と淡々と記していますが、気になる方々は告示後のBlog更新は公職選挙法違反ではないのかと思われていることでしょう。現に多くの仲間は、このことに疑念を表明しつつも更新やツイッターのツイートを控えています。「悪法も法なり」の精神で臨むのも、一理あることではあります。
私は、現実的な準備不足に忙殺されてこの件を告示前にBlogでふれることができませんでしたが、ツイッターでは告示の日にツイートを続けることを宣言しておきました。
さっそく違反だという方もあれば、ネット選挙は違法ではないという論を紹介してくださる方もありましたが、私個人としては4年前の選挙の際もBlogやYouTubeを更新していましたが法に問われたことも取り調べを受けたこともありませんでしたし、その後の国政選挙での政党のサイト更新の実情を見ても、投票依頼をしない限りは違法ではないという思いで臨んでいます。

これからしても、ネット選挙=違法であるというのは有名無実だと言えますが、なし崩しになっていればそれでよいというのではなく、きちんとした使い方ができるからこそ解禁すべきだというのを堂々と訴える必要があると思い、自ら実践しているのです。
政治の世界の師である北川正恭先生からは、維新の草莽の志士のごとくネット選挙で討ち死にするような議員よ出てこい、と過激な発破をかけられた記憶がありますが、討ち死にすることはないにせよ解禁に踏み切ることがネット選挙における草莽の志士の役割を果たすことになると信じています。

議会を変えるには、議会にかかわる法を変えていくことも必要です。
その思いを抱きつつ、ノー選挙カーでの自転車による泥臭い選挙に取り組んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノー選挙カー宣言!

任期最後となる定例会、そして全員協議会後の葛西市長による津軽圏域8市町村の定住自立圏構想「中心市宣言」が高らかに行われ、議場での議員の仕事が終わりました。
後は4/24の市議選に向けて活動するばかりになるのですが、それに関しての重大な協議が会派田尾評者会議で行われるので待っていたのですが、あっけなく結論が出てしまいました。
それは、選挙カーによる活動は各自の判断に任せる、というものです。

私は当初から選挙カーは出すにしてもウグイス嬢による連呼はせず、街頭演説の回数を極力増やして議会改革を骨子とするマニフェストを訴えていくつもりでしたが、東日本大震災によって生じているガソリン不足が解消されておらず、そのガソリン代や車の借上げ料さらにはウグイス嬢や運転手への報酬が公費で負担されるのを考えた時に、少しでも税金が震災復興に向けやすくするためにも不要不急の負担を議員自ら慎むべきだという思いで、ここにノー選挙カーでの活動を宣言します。
とはいえ、広い弘前市ですので一円を自転車で回るには限度がありますから、8:00のスタートする地点まではトラックなどで運んでもらうことになるのはご理解いただきたいと思いますし、そういう活動で臨むのであれば一緒に自転車で同行したいという心ある応援隊は大歓迎したいと思います。

ノー選挙カーでの活動、議会改革のマニフェスト、市民の皆さんのご理解とご支援に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方自治体が今すべきこと

東日本大震災から7日目、未曾有の被害者が増えていき被災された方々ばかりでなく物流が寸断されていることで弘前市ですら生活物資不足で困窮するという、大震災と石油ショックとチェルノブイリが一挙に押し寄せてきたような状況ですが、私たちは途方に暮れて立ちすくんだり、被災していないからと安穏としているわけにはいきません。

このような中でも、さっそく支援に向けた動きを見せる自治体があります。
温泉地として知られる群馬県みなかみ町では、宿での無償受け入れに1億円の補正予算をさっそく計上しました。弘前市でも、弘前市旅館ホテル組合が被災者支援対策で低料金宿泊プランを準備し、朝食付3500円、素泊り3000円(税込み、ただし施設、部屋などは選択不可。相部屋の可能性も)という動きを組合でしてくださっていますので、市としてもこれを一部でも助成することが必要です。
また、アイデアマンで知られる佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長は、タウンステイ構想という大がかりな被災者受け入れを打ち出していますが、同じ東北の人間を受け入れるのを弘前市は率先して取り組むべきですし、県庁のアイデアマンといわれた葛西市長の手腕に期待したいと思います。
特に、弘前市にはジョッパルという巨大な空き施設がありますし、そこに市でも区分所有権があるわけですから、債権者と交渉して競売とは別に一定期間使用を認めてもらって、仮設住宅や福祉サービスができるようにすべきだと思います。
ジョッパル再生への積極的協力は葛西市長のマニフェストの柱ですし、今回は再生でなく活用ということになりますが、この国難に役立つ再生を先送りした取り組みをするのは、その意に沿ったものと位置づけられるはずですから、自分としてもこの二つのことは実現に向けて強く推したいと思います。

一方、このような取り組みを全国どの自治体でもしなければならないはずですから、来月に迫った統一地方選は被災地ばかりでなく、全国で延期して対策を練り実行に移す時間を作るべきだと思います。
今すべきことは何か、地方自治体も私たち議員も真剣に考えなければなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

弘前市議としてできること

今日定例会は、残り一人の一般質問、終わりしだい常任委員会ですが、私が所属する厚生常任委員会には案件ありませんので、早急に市としての生活物資などの情報提供を行うようかけ合って動かすつもりです。
休日もできる限りツイッターやFacebookでの情報を収集してRTし、少しでも生活物資不足での混乱が生じないよう手伝いをしてきましたが、そのためにもより多くの市民からの情報が必要ですので、ツイッターでの情報提供とフォローをお願いしたいと思います。
http://twitter.com/#!/mikmac

もう一つは、被災を逃れた地にあるものの責任として支援に動くことが必要ですが、この間も議会にはまったく動きがなく土曜日に動いていたのは藤田隆司議員、日中の市役所に顔を出したのは一戸兼一副議長と佐藤哲・小田桐慶二両市議で、議会事務局は午後からノンビリと顔を出し、議長に至っては姿も見ませんでした。
この危機感のなさと動かなくてもいいだけの存在感のなさを何とかしないといけませんので、この点でも動かしていかなくてはと思っています。

震災に遭われた皆さんは何より大変ですが、それを支援しながら生活物資や停電で心配がましてくる弘前市民のためにも政治がやるべきことは山ほどあります。
それが安心できるまでは、選挙活動はしないつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議会改革を共通の旗印に!

1/31に続いて2回目の議会改革ワークショップを開催しました。
前回より参加者が増え、その中には4月の市議選に初挑戦する菊池勲君も加わってくれ、4時間近い充実した話し合いができました。

ワークショップの進め方としては、まず議会の現状に対する課題・疑問を出してもらい、それに私から説明した上で変えるべき項目を出してもらうという流れで行いました。
その中でハッとさせられたものがあり、「議会としてのマーケティング」「議員という呼び方変える」というのはさすがに思いつきもしなかったことでしたが、アクションプランを通じて行政側のマネジメントや成果について問いただしている立場であるのに、それを自分たちに向けていなかったことを反省し、市民との壁があるのを根本的なところから考え直してみるという発想が欠けていたことを痛感しました。

IMG_2591

全体をまとめてみると、議会基本条例にかかわる項目、議会としての情報公開・発信にかかわるものが多く、やはり取り組むべきはこの二つであることが確認できましたので、これを選挙戦でともに掲げ、改選後にこのテーマに関しては共同戦線をはっていくことを、参加者の前で菊池君と約束しました。
また自分としては、議会改革を進めるためには神奈川県議会第100代議長・松田良昭さんが実践されたように、議長選を密室の候補選びと投票ではなくマニフェストを表明してのオープンな選挙を行ってリーダーシップが取れる存在とすること、議員定数や報酬に関しては議会だけの話し合いではなく市民と協議する場をもうけることを同時に掲げたいと思っています。
これをまとめると、これが議会改革のマニフェストになります。(◎が共通、○は個人)
「議会改革は議員の仕事です」
◎議会の情報公開・発信
◎議会基本条例の制定
○指導力ある議長をオープンな選挙で
○定数・報酬を市民と議論
○事業仕分けを議会の仕事に

これらのことは議会がチームとなって取り組まなければできないことですが、もう一つ実現するしないにかかわらず自分だけでできる約束をしたいと思います。それは
議員の任期制導入 です。
先日、ツイッターで「地域政党いわて」高橋博之県議とこの件で意見交換して意気投合しましたが、彼は30代の前途ある存在であるにもかかわらず(あるからこそ)、すでに街頭演説やサイトで意思表示をはじめています。
次期で高橋県議は3期、私は当選すると村議時代からあわせると4期となりますが、任期中はプロとして全力で取り組むのは当然としても、それを生業というより稼業のようにしてしまうことが議員不信を招いている要因であるのは明白ですから、議員を経た人材のライフキャリアという課題を考えながらも、区切りある議員活動を自ら身をもって示し、それを全体で実現する努力をしたいと思っています。

名古屋市や阿久根市では市長の当落とは別に、ともに議会解散を市民が選んだように、政党不信以上に議員不信というのは根深いものがありますが、それを首長や住民に突きつけられて変わるのではなく、議会改革こそ議員自ら率先して取り組むべき仕事だと思います。
特に弘前市は、葛西市長に交代して1年足らずのうちに市政刷新が進み市役所の雰囲気が変わるという大きな変化が起きていますが、そこで唯一取り残されているのが議会です。
「議会を変える、弘前が変わる」というタイトルで書き続けてきましたが、今は「弘前は変わった、議会を変えねば」という状況ですので、今回は議会改革一本に絞って闘うことを表明します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議会改革の2011年に向けて

福祉の人間としての三上直樹には大きな汚点であり転機となる一年でしたが、運不運にも質量保存の法則が働くのか政治の世界では市長交代という大転換のおかげで前向きな方向で活動することができました。
それをまとめた活動レポートはこちらからダウンロードしていただきたいと思いますが、そこでもふれたとおり市政刷新が目立つだけに議会改革の停滞が気がかりになる一方です。

ところで、この件で地元紙・東奥日報の櫛引素夫記者は、「口利きシンポジウム問題」にからめた市議会政局を「取材ノート」で2回にわたって記していますが、これには多くの誤断と報じられていない真実がありますので、この場を借りて反論しておきたいと思います。
最初は「市政批判表面化」、続いて「市議会空転 いびつな関係要因か」との刺激的な見出しが踊る記事でしたが、9日の前市長のシンパである佐藤哲議員による議事進行発言は市政批判をもくろんだもので議会空転に至ったと受け取られる記述をしていますが、実際には工藤栄弥議員や清野一栄議員の議事進行にも右往左往した議長の定見なき対応が招いたことであり、翌日の空転に際して市側は説明を重ねたとありますが、これも一戸副議長が骨折りしたものの市側が誤りはないと突っぱねたことで解決に至らなかったのが現実です。
さらに言えば、その最中に渦中の人であり市長選において葛西市長を支持した立場である下山文雄議員がいち早く市長室に出向いたことが臆断を呼んでおり、そのことが鷹揚会の一部議員の反発を呼ぶのにつながったのではないかという見方があり、主導権争いというのならこういう事実をふまえた書き方をしてもらいたいものだと思います。

また、「いびつな関係」で指摘された、議会軽視と怒られるので謝罪するのが当たり前になったという職員からの声については、前市長時代のスポレク施設建設計画のように本当に寝耳に水の扱いがあったのは事実であり、私たち「四人組」に至っては必要最小限の情報ですら出してはならないとまで職員は厳命されていたというのですから、市側からの情報不足や議員との接触を避けざるを得ない雰囲気があった中では、関係がいびつになるのも仕方がないことだと思います。
ただし、すべての議員が議会軽視を口にして職員を責め立てていたわけではないですし、「桜のトンネル」の件でも私からの指摘に即日関係2課で現地説明をするほど議員に対する説明に大事にする雰囲気に変わった現在では、過去の問題としか言いようのない的外れな指摘だと思います。
確かに政治の中には権謀術数があり、国政においても政策よりも政局報道に力が入るのと同じような気持ちでの記事だと思いますが、多くの議員は空転を望んだわけでないのを会派あげての対立があり、議員全員が市職員をおびえさせているかのような誤解を生む書きぶりはいかがなものかと思います。

その憤りをひとまず置いて考えると、実態として他の議会に比べて改革に向かうスピードとエネルギーに欠けているのは紛れもない事実ですし、それが議員定数削減の話し合いですらまとまらず、議場へのiPad持ち込みやネット中継に関する提案も時期尚早と見送られることに象徴的に表れています。
私自身の4年間を振り返ってみても、前市長との対決姿勢が生んだ騒動もありましたが、市議会そのものの旧習になじまないからこそ生じたトラブルの方が多く、LM議連の運営委員として全国の先進事例を知れば知るほど彼我の隔たりに情けなさを覚えてきました。
市政においてはアクションプランという改革のエンジンが動き出しましたが、その中に議会改革は当然のことながらふれられてはいません。
それだけに、4月の選挙を経て改選されたメンバーで議会改革にさっそく取り組まなくてはなりませんし、そこで何を変えるのか変えていこうとするのかを、市民の方々のご意見をふまえたマニフェストを掲げて、その部分で共同できるメンバーとともに戦いに臨みたいと思っています。

この一年で福祉と地域のために新たな闘いを抱えることになりましたが、市政においては葛西市長とは前向きな政策提言と政策評価で向き合っていきたいともいますので、それを可能にするための議会改革という戦いに挑むこと、そしてその立場に立つことを市民の皆さんに認めていただけるよう、がんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前市として参議院選挙を受けとめる

参議院議員選挙の開票が進み、民主党の自滅的敗北とそれに助けられた自民党の回復、そしてそのどちらも嫌だという心理によるみんなの党の躍進が明確になっていますが、今回どちらの選挙にも与しない立場であった私からすれば、こんな選挙結果くらいで菅総理の責任問題という政局になることもおかしいと思いますし、そもそも参議院という存在が必要なのかということから見直す時期にきているのが明確になっただけと、岡目八目で感じています。
ちなみに私は開票が行われていた市立体育館に足を運んでいたのですが、そこで見た4月の市長選からの変化をお伝えしておきたいと思います。

市長選の際は初めて開票作業を見たこともあり、こんなものかと受けとめたのですが、開票事務について調査を重ねてきた佐藤淳さんからの指摘が東奥日報の記事になり、それを受けて私も6月定例会の一般質問で取り上げました。
特に票を床にひろげて拾い上げるというのは作業効率の面でも票の尊厳という面からも問題であると指摘しましたが、選挙管理委員会でも記事を読んですぐに対策を練ったというので、3年前の参院選からどれだけ短縮するのかと問うたところ、1時間は縮めると明言されたので、質問した側の責任として開票を見届けに行ったわけです。
答弁そして朝日新聞の記事のとおり、床にばらまいていたのを開票台を導入し、その作業指示もテキパキと行われていて、市長選のチンタラとした動きとは格段の違いがありました。このあたりにもスピード感を旨とする葛西市政のよさが反映されていると感じましたし、自分としても質問をしたかいがあったと思いました。

IMG_1572

その一方で、残念な結果もハッキリしてきました。それは投票率の低さです。
全国では58%前後ということですが、青森県選挙区では54.55%、開票所で聞いた弘前市の投票率は51.92%ということで、全国よりも県平均よりも低いという結果のようです。
市長選の際も、同日に行われた首長選の中で一番低い投票率だったことを憂えておきましたが、今回もまた低いというのは、弘前市民の政治意識を何とかしていかなくてはならない状況だと受けとめないわけにはいきません。
せっかく市政そのものはよい方向に変わりはじめているだけに、政治に関心を持ってもらうような働きかけをし、それにつながる活動を自分自身でもしていかなければならないと痛感しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

対話と創造で、弘前が変わる

昨日、市長選の投票が行われ、前副市長の葛西憲之さんが現職を破って初当選を果たしました。
まずは、葛西さん本当におめでとうございます。

昨夜、私は選挙応援にかかわらなかった立場として、市政の行方を見届けたいという気持ちで市民体育館での開票を見に行きました。
意見交換会以来の縁がある青年政経フォーラムのメンバーが来ていたので一緒に見守っていましたが、マスコミ各社からは葛西さん優勢の出口調査の結果が伝わっていたこともあり、彼らは結果に自信を持っているとともに、ここからが対話と創造のスタートであるから相馬陣営にもノーサイドを呼びかけないといけないし、葛西さんにおかしな点があれば厳しく指摘していかなければならないという話が、複数のメンバーから口をついて出ました。
そのためにもフォーラムと「市政を変えるマニフェストの会」との政策チェックをしていく前祝いだからと、「かだれ横丁」に繰り出すことになったのですが、何とそこは葛西陣営の中核メンバーの祝勝の席でした。
見える応援に立たなかった分バツが悪かったのですが、みなさん温かく迎え入れてくれ、そこでもノーサイドの話や議会で是々非々で臨んでほしいといった、同じ思いの言葉が聞かれました。
確かに、後援会の陣容を見て旧体制の復活やらバラマキになるといった批判を受けていますが、それがどうなるかはこれからの進め方しだいですし、そうならないようにするのが私の役割だと思っていますが、昨夜の対話の姿勢を後援会が持っていれば耳の痛い話も届くと思います。

ところで、昨日は多くの自治体で市長選が行われたのですが、地方都市の中では弘前市の投票率が一番低い結果になりました。
私も50%もいかないのではと思っていただけに、58.06%というのは予想を上回るものだったものの、自分たちの市政のトップを選ぶ重要な選挙でこの結果というのを、重く受けとめる必要があると思います。
そのためには、若い世代に政治に関心を持ってもらうのが最大の課題になりますので、それだけにフォーラムのメンバーと取り組むことで変革の波を伝えていかなくてはならないと思っています。

何といっても、「これで変わる」と思った市民の方は多かったと思いますし、今の時点ではそれが最大の成果ですので、このBlogのタイトルのように「弘前が変わる」スタートを切ったことを喜びつつ、だからこそ次は「議会を変える」ことに向かっていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧