またしても予算原案に反対した理由

市民ゴルフ場問題での空転などで5日目の審議となった予算特別委員会で、20011年度一般会計予算案が賛成多数で可決されましたが、私は反対討論を行いました。

一つ目の理由は、岩木・相馬地区の固定資産税アップが盛られているからです。
12月定例会で、この件を元岩木町長である田中元議員が取り上げたのでわかったのですが、旧弘前市の資産評価は旧い時期のアバウトな調査によっているのだそうで、これがあと0.2%進められれば正確な評価に切りかえるのだそうで、その効果は数億円になることが見こまれています。
その0.2%が行われていないことで旧市での徴税アップは2012年度以降になるのに、正確な調査が町村時代に済んでいる両地区は新年度から0.2%のアップと岩木地区では都市計画税の徴収も重なり、総額9000万円の増税となるのです。
新年度には、アクションプランの一環で合併検証委員会が設置されることになっていますが、明らかに合併による痛手を受けるものを見過ごして今後の検証に期待するというのは、相馬出身の立場では到底できることではありません。

もう一つは、議員年金廃止にかかわる負担です。
議員年金は議員と自治体からの拠出によって運営されてきたのですが、市議会議員年金に関しては市町村合併によって町村議会から移った方が在任特例の終了や定数削減で去ったことの影響が大きく、今年破綻するのが明らかになっています。
さまざまな協議を経て今国会に廃止法案がかかっており、今後は議員からの掛金拠出はなくなるのですが、これまでに受給していた方々へは今後も支給を続けるために、今後数十年にわたって自治体が負担を続けなければならないことになっていて、新年度予算でも議会費が1億2000万円の増額になっています。
これに関しては、愛知県犬山市の田中市長のように国で処理すべきものであるので自治体としては予算に盛らないという姿勢の首長があるように負担先の問題も抱えていることもありますが、今回の東日本大震災に際してできることとして、議員年金を今の時点で完全に精算して今後いかなる支給もしないことにすれば、そこで発生する差額を丸ごと震災支援にあてることができます。
日頃高い報酬を得ているという批判を受けますが、その中からすでに拠出して自分のものでなくなっているカネですし、議員という政治にかかわる者が未曾有の国難にあたって身を切るのは当然のことだと思うのです。

これまでは予算案に異論がある場合は修正案を提出してきましたが、この二点に関しては同調する議員がいることがないのがわかっていましたので、他の99%には賛成できる葛西市政の方向性が打ち出された評価できる予算案でしたが、反対という形を取らざるを得ませんでした。
ちなみに、共産党は反対、加えて市民ゴルフ場指定管理料の予算執行凍結というのでは納得いかないとする鷹揚会:町田藤一郎・佐藤哲・松橋武史、無所属:工藤栄弥の4名も反対、翌日の本会議では鷹揚会の3名は退席、工藤議員は賛成と不可解な議決行動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対話と創造で、弘前が変わる

昨日、市長選の投票が行われ、前副市長の葛西憲之さんが現職を破って初当選を果たしました。
まずは、葛西さん本当におめでとうございます。

昨夜、私は選挙応援にかかわらなかった立場として、市政の行方を見届けたいという気持ちで市民体育館での開票を見に行きました。
意見交換会以来の縁がある青年政経フォーラムのメンバーが来ていたので一緒に見守っていましたが、マスコミ各社からは葛西さん優勢の出口調査の結果が伝わっていたこともあり、彼らは結果に自信を持っているとともに、ここからが対話と創造のスタートであるから相馬陣営にもノーサイドを呼びかけないといけないし、葛西さんにおかしな点があれば厳しく指摘していかなければならないという話が、複数のメンバーから口をついて出ました。
そのためにもフォーラムと「市政を変えるマニフェストの会」との政策チェックをしていく前祝いだからと、「かだれ横丁」に繰り出すことになったのですが、何とそこは葛西陣営の中核メンバーの祝勝の席でした。
見える応援に立たなかった分バツが悪かったのですが、みなさん温かく迎え入れてくれ、そこでもノーサイドの話や議会で是々非々で臨んでほしいといった、同じ思いの言葉が聞かれました。
確かに、後援会の陣容を見て旧体制の復活やらバラマキになるといった批判を受けていますが、それがどうなるかはこれからの進め方しだいですし、そうならないようにするのが私の役割だと思っていますが、昨夜の対話の姿勢を後援会が持っていれば耳の痛い話も届くと思います。

ところで、昨日は多くの自治体で市長選が行われたのですが、地方都市の中では弘前市の投票率が一番低い結果になりました。
私も50%もいかないのではと思っていただけに、58.06%というのは予想を上回るものだったものの、自分たちの市政のトップを選ぶ重要な選挙でこの結果というのを、重く受けとめる必要があると思います。
そのためには、若い世代に政治に関心を持ってもらうのが最大の課題になりますので、それだけにフォーラムのメンバーと取り組むことで変革の波を伝えていかなくてはならないと思っています。

何といっても、「これで変わる」と思った市民の方は多かったと思いますし、今の時点ではそれが最大の成果ですので、このBlogのタイトルのように「弘前が変わる」スタートを切ったことを喜びつつ、だからこそ次は「議会を変える」ことに向かっていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市長選、はじまりました

弘前市の次の4年間の命運を決める市長選が昨日4日告示となりました。
昨日は第一声を聞くことができませんでしたので、恒例となっている月曜昼休み時間帯での市役所での街頭演説対決を聞きに行きました。

どちらの候補、応援弁士ともに相手候補の批判に終始し、自分は何をするのかはほんの少ししかふれていないあたり、政策ではなく対決のための選挙になってしまっていることは、残念に思います。
その中で、現職が先日の公開討論会での発言と公表されているマニフェストの矛盾を指摘して、「自分で書いてないマニフェストだから」という批判をされていましたが、これに対しては葛西候補はきちんと答える必要があると思いました。

ところで、先日ツイートしている人があったので気になっていた一番町の張り紙のことを葛西候補の後援会長がふん慨していましたので、見に行ってみました。

IMG_0965

こういうのを見ると、ネガティブな消耗戦としか言いようのない選挙戦になっているのを実感しますが、市民の皆様には賢明な判断と必ずの投票をお願いしたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スポレク建設費削除と公開討論会

昨日のスポレク施設建設費削除の修正案可決は、地元紙でも大きく報道されていますので、詳細はそちらに譲りますが、一点だけ真実を伝えておきたいことがあります。

報道によると、「相馬市長は予算案が修正可決になったことは非常に残念」とコメントを発表。合併特例債の充当を想定し09年度予算に計上したスポレク用地購入費約4億8千万円を、一般財源で補てんすることになる-と指摘し「本会議での議決まで議員には十分熟慮してほしい」とした。」ということですし、そのことを修正案質疑の際に小山内司議員も指摘していました。
この件は、合併特例債事業でなくなればということですので、今回のように一旦事業を休止して再検討するというのであれば返還は必要でなく、事業廃止となった場合にはじめて返還となるものです。逆に言えばスポレク施設でなくても特例債に合致する事業が行われるのであれば問題はないということになります。
それを不安をあおるような言い方で批判するのは、正当な物言いではないと思います。

この問題は当然のこととして、さまざまな課題が山積している市政をどう考えているのか、市長選立候補予定者お二方による公開討論会が今夜行われます。
日時:3/19(金)18:30
場所:弘前市文化センター大ホール

ぜひ多くの市民の方々にお越しいただきたいと思いますし、何とか生の様子を伝えるようツイッターなど駆使したいと思っています。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

相馬市長応援者様へ

昨日、「相馬市長応援者」と名乗る方から、下記のコメントがありました。
--
残念ながら三上直樹とともに行動している人は、努力しているようには見えません。
努力していれば応援したいですが、何もしていないように見えます。見せる努力も必要なのでは無いでしょうか。
知る気が無いわけでは有りませんが、知らせる努力をした上で、ものを言わなければいけないと思います。

こうして情報を検索し、閲覧することで自ら行動している事になると思います。
mizukiさんの言うことは、かなり的外れな意見です。
(三上直樹と行動しなければ、行動した事にならないと言わんばかりの物言いです、これは可笑しいです)
--

これだけであれば、そのまま掲載しておくのですが、発信先のアドレスが正反対の主張をしてるのを知っている石岡千鶴子前市議でしたので、ご本人に確認して別人であることがわかりましたので、削除しました。
このような形で情報操作を試みる方があるようですが、たいていのことは調べがつきますし、逆効果だと思います。
「相馬市長応援者」様からの連絡がない限り、現職を応援する肩→方にはこういう人がいることを知ってもらうために掲載を続けますので、ご了解ください。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

弥生報告会は次へのスタート

市が弘前大学と共同で進めてきた弥生リゾート跡地の活用のための報告書ができ上がり、市民への説明会が岩木文化センターで行われました。

この弥生リゾート跡地とは、旧弘前市と岩木町にまたがる弥生地区にスキー場を建設するという計画が頓挫し、その後大型児童施設へと方向性を変えたものの、2回連続で市長選最大の争点となって、前回は計画中止を唱えた現職が当選できた大きな要因となった、いわくつきの場所です。
流れとしては、檜槇貢先生の進行で、まず山下祐介先生の基調報告があり、それから地元の前田・船沢公民館長と「岩木山を考える会」の三浦章男事務局長のコメント、その後質疑応答と進みましたが、その概要はこちらのメモのとおりです。
基本的な考え方としては、

  • 広く市民の意見を聴く
  • 自然に近い姿を念頭に置く
  • 大型箱物施設の計画とはしない
  • 防災や利用上の安全面も考慮
  • 大学など外部のノウハウ・手法を活用

とされていまして、この方針自体には異論がないものの、2年がかりで調査検討を続けたからには方向性を明示するかと思っていただけに、肩透かしの感がありました。

質疑の際に私も発言させてもらいましたが、それは跡地問題と弥生小学校の統廃合問題を同じ土俵で検討してほしい、特に地元に利活用の中核を担ってほしいというのであれば結集の拠点が必要ではないかという趣旨でした。
特に、統廃合の説明会は議員や他地域の市民には案内がなく、こっそりと進められているだけに、地元の方から反応をもらえる滅多にない機会だったのですが、会そのものの流れと違うことでもあり、議論を深めることができなかったのは、残念でした。
いずれにせよ、地域が中心となりながら市全体で取り組んでいくべき課題ですので、報告書で終わりではなく、ここからがスタートだと思っています。

ただ、自身にとっても大事な問題であったはずの市長が、その場に顔も見せないというのは、どういう風の吹き回しなのか、理解に苦しむところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村県議の出馬はありません!?

3月に続いて、川村悟県議の県政報告会に出席しました。
今年も「市政を変えるマニフェスト」月例会中間報告会、さらには横浜市でのマニフェスト・サミットにも足を運んでいただき、地元県議としては一番かかわりの深い方ですので、党派に関係なくおじゃまさせていただいています。

今回は夕方の開催ということもあって県政の話は短めに切り上げたのですが、最後に来春の市長選のことに自ら言及し、支持者の方々にもさまざまな意見があり、ぜひ挑戦すべきという声より県議1期目を全うしてから考えることだという意見が多く、自分としても不出馬という方向でいるが、今後とも意見に耳を傾けたいと話しましたので、その後の懇親会の席でも最後の締めでも出馬に向けて突き進もうという雰囲気もまったくなく、お開きとなりました。

ところが、翌日の地元紙は2紙とも「出馬を検討」という見出しが躍っていて、真逆の報道に驚いてしまいました。
確かに県議としての精力的な活動を認める市民の方も多いですし、私としてもマニフェストに関心を持っている点でも立派に候補たりうる方だとは思いますが、ご本人から別の機会にも同じニュアンスで聞かせていただいたことがありますので、個人的には残念ながら出馬に踏み切ることはないと思っています。
ただ、現職も元副市長にも是という姿勢でないのは感じましたので、その考えに賛同する人たちを糾合する際には大きな力となることでしょう。
その意味では、今後とも川村県議の言動には注目していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一連の市長選報道について

いよいよ市長選まで半年となり、8日の鷹揚会・町田藤一郎会長からの質問というかエールを受けて、相馬市長が再出馬を表明しましたが、それを受けてさまざまな動きが表立ってきました。

まず報じられたのは、前回も意志表示しながら出馬を断念した西谷冽県議ですが、後援会での協議の結果出馬見送りを決めたそうです。ただ、報道の中で西谷県議は市政刷新の必要と世代交代の時代背景、そして政治色のない斬新な候補なら応援という姿勢を示しました。
そこから間を置かず、今度は葛西副市長擁立かと夕刊の一面トップで大きく報じられました。それによると、葛西副市長は実家の家業の関係で商工関係者に知名度が高く、県幹部としての行政経験や特定の政党とつながりを持たないことで擁立の可能性をさぐる動きがあり、ご本人も「コメントできない」としながら、否定はしなかったとのことです。
西谷県議も市の商工関係を代表するお一人であり、現在の市長と商工会議所のあつれきを考えると、葛西副市長でなくとも候補を擁立したいという気持ちで結集する可能性はあると思いますし、期待をしています。

これに対し、議会は市長支援と様子見、そして私たちのように刷新を明確にする側とさまざまな態度ですが、前回の選挙が現職の高齢多選批判に弥生リゾート問題というワンイシューの相乗効果で市政交替をもたらしたものの、それがこの3年半の市政後退を生んでしまっただけに、変えればいいというだけではいけないという反省を、市民の多くは共有しているはずです。
それだけに、市政刷新とスポレク施設を争点にした選挙に持ち込めば勝てるという目先の戦術論に陥るべきでないと思いますし、将来の弘前市ひいては津軽はどうあるべきかというビジョンやそれを可能にする戦略を打ち出していく必要があります。
だからこそ、私たちは市議の同志だけでなく市民の有志の方々とともにマニフェストを考えあい、何を変えるかを明確に示し、それを掲げて立つ候補を求めていくつもりですし、この姿勢がブレることはありません。
そのためにも、今月のマニフェスト月例会、さらに来月の中間報告会に多くの市民の方々に参加していただきたいと思っております。
そこで、月例会そのものは19:00からですが、準備しながらこのあたりの情報提供と意見交換をしたいと思いますので、時間に余裕のある方は少し早めにお越しください。

日時:9/24(木) 情報交換:18:00/月例会:19:00
場所:弘前市末広 総合学習センター第2研修室
内容:市長選の情報交換/月例会:テーマ=医療

| | コメント (3) | トラックバック (0)