« 2011年3月 | トップページ

議員期の終わり

2007年5月1日からの市議としての任期は、今日で満了です。まずは、お世話になった方々、市民の皆様にお礼申し上げます。
昨日はご縁ある方々にメールでおわびとお礼を伝えましたが、たくさんの激励の返信をいただきましたし、昨夜のかだれ横丁での「わもなも☆畑」キックオフでも、弘前公園本丸での「ラジオdeキャンドルナイト」でも多くの方とりわけ葛西市長からまで残念だったとお言葉をいただき、これだけの方々とご縁をいただいた4年間であったこと、それを生かすことができない結果になったことを、改めて思いました。

議員としての終わりの日に振り返ってみますと、議会の中で改革にもがいたことも一番質問に立ったことも、市政を変えることにつながったと市民の皆様に思っていただけてなかったのを痛感しますし、議会を変えることが大事だということを理解してもらえるだけの機会とアクションが決定的に足りなかったと猛省しています。
他の議員のように後援会を組織し、それをリードする有力支持者がいるというスタイルを取っていない分、私自身で2000人の方々に直接報告して理解してもらうことが必要だったと思っても後の祭ですので、6月定例会で新しい顔ぶれでの議会を傍聴した上で、議会改革や市政にとって大事なことを伝え動く必要があると感じた時には、それだけのアクションをはじめたいと思っています。

一方で、議員という立場から離れて考えてみると、市政とりわけ政策決定や評価にかかわるには各種審議会に公募委員として加わる方が発言権が大きいですし、これまでかかわってきたことでも議員でなければできないということは一つもないのも事実ですし、議員でなければならない必然性はどこにあるのか考えてしまいます。
河村名古屋市長や橋元大阪府知事の首長主導の地域政党には議員として反発を覚えてきましたが、2003年に青森県政策マーケティング委員会委員になった際に議会制政治からプロジェクト型政治への転換を妄想したメールマガジンを発行していたのを思い返すと、議会以上に市民との対話を重視している葛西市政においては、私たちの「市政を変えるマニフェスト」を取り込んで策定されたアクションプランを動かし評価する市民としての立場からかかわるチャンスは多いと思います。

ところで、記事のタイトルはご存じのとおりアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」から拝借していますが、議員としての終わりであるとともに、ニーチェの「ツァラトゥストラかく語りき」にある、幼年期=子どもとしての自分の思いだけで自己満足したあり方から、獅子として全力で闘う時期へと移行していくべき節目であるという思いをかけています。
獅子として闘うべきステージはどこなのか、まずはそこからスタートです。

終わりに、このBlogは今後更新はしませんが、市議・三上なおきの4年間の軌跡をたどるために残しておきたいと思います。
これまでのご購読やご意見、本当にありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

落選の現実を受けとめる

本日行われた弘前市議選で、1091票の貴重なご支持をいただきましたが、残念ながら96票足りず次点で落選となりました。支持してくださった方々に、何よりも先におわびいたします。

投票率が50.83%と下がり、昨年来の長慶会騒動で地元や福祉関係の信頼を失い、ギリギリまで震災支援に動いていたといった要因は考えられますが、議会で一番質問し、そのことも含めてネットでの情報発信や交流に力を入れ、今回の選挙戦ではノー選挙カーながら470ヶ所での街頭演説で自らの議会改革マニフェストを訴えてきた手応えの方が上回っていたのですが、選挙はそんなに甘くないものでした。
落選したという事実は、今の自分にとって無職になるという現実が突きつけられることになりますので、家族に物心ともに大きな損失を与えることになったのが何といっても情けないですが、議会改革にしても震災支援にしても弘前のまちづくりにしてもLM議連にしてもやりたいことだらけだったのが、不意に行く手をさえぎられて途方に暮れてしまいます。

「政治家は落選したら、タダの人」とはよく言ったものですが、落選しても正義を貫いたこと、やるべきことをしてきたことには間違いはなかったと思いますし、タダの人になっても弘前のために政治を変えるために動いていきたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

個人演説会のご案内

ネット選挙の件同様、個人演説会につきましてもご案内できていませんでしたので、この機会にお知らせします。
今回は、いわゆる総決起大会をどうするか逡巡していたところに、東日本大震災が発生してその対応に専念していたこともあって、4年間の総括と今回の議会改革マニフェストにかける思いを伝える機会がありませんでした。
ちょうど、ノー選挙カー=自転車での街頭活動を決めたので、さすがに途中で息切れする可能性が高い年齢と体力であるのを勘案して、中盤に早めに切り上げる設定をする言い訳にもなるという現金な考えで、個人演説会の開催を決めました。

つきましては、急なご案内ではなりますが、下記のとおり個人演説会を開催しますので、ぜひとも多くの市民の皆様に足を運んでいただきたいと思っております。
理路整然としたプレゼンテーションと正反対なつぶれた声に日焼けした顔、どちらも自画自賛ですので確認にいらしてください。

日時:4/21(木)18:30
場所:弘前市民会館 大会議室
備考:首長選挙に準じた資料=マニフェストの配布を行います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草莽の志士として、ネット選挙

弘前市議会議員選挙は、予定どおり17日告示されました。
今回は34人の定数に対し、36人が立候補ということで少数激戦と報じられていますが、内訳としては現職27名に新人9名、県議選に挑んだ斉藤爾・一戸兼一・松橋武史の3名に以前から党内での入れ替えが決まっていた山谷秀造・船水奐彦だけでなく、町田藤一郎・工藤栄弥の巨頭お二人が勇退をされたので驚きましたが、7名の方々には4年間一緒させていただいたお礼をここでお伝えしたいと思います。

と淡々と記していますが、気になる方々は告示後のBlog更新は公職選挙法違反ではないのかと思われていることでしょう。現に多くの仲間は、このことに疑念を表明しつつも更新やツイッターのツイートを控えています。「悪法も法なり」の精神で臨むのも、一理あることではあります。
私は、現実的な準備不足に忙殺されてこの件を告示前にBlogでふれることができませんでしたが、ツイッターでは告示の日にツイートを続けることを宣言しておきました。
さっそく違反だという方もあれば、ネット選挙は違法ではないという論を紹介してくださる方もありましたが、私個人としては4年前の選挙の際もBlogやYouTubeを更新していましたが法に問われたことも取り調べを受けたこともありませんでしたし、その後の国政選挙での政党のサイト更新の実情を見ても、投票依頼をしない限りは違法ではないという思いで臨んでいます。

これからしても、ネット選挙=違法であるというのは有名無実だと言えますが、なし崩しになっていればそれでよいというのではなく、きちんとした使い方ができるからこそ解禁すべきだというのを堂々と訴える必要があると思い、自ら実践しているのです。
政治の世界の師である北川正恭先生からは、維新の草莽の志士のごとくネット選挙で討ち死にするような議員よ出てこい、と過激な発破をかけられた記憶がありますが、討ち死にすることはないにせよ解禁に踏み切ることがネット選挙における草莽の志士の役割を果たすことになると信じています。

議会を変えるには、議会にかかわる法を変えていくことも必要です。
その思いを抱きつつ、ノー選挙カーでの自転車による泥臭い選挙に取り組んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙行程を公開します

今日は県議選投票日、私も先ほど投票を済ませてきましたが、この時期に行われるからこそ真剣に次の政治を託せると思う方を選び投票していただきたいと思います。

この日は一方で私が立候補する弘前市議選告示の1週間前という日でもありますが、来週の今頃は自転車で回っていることになるというのが自分でも実感がわかないでいます。
そうは言ってもいられないので、自分に発破をかける意味でも、考えている選挙行程を公開します。なお、サイズ大きくしてある箇所では、必ず街頭演説するつもりです。

17(日):届け出→事務所→沢田:必勝祈願・第一声→大助→東目屋→紙漉沢→五所→黒滝→昴→湯口:林檎の森→鳥井野→如来瀬→兼平→真土→城西ロックタウン→市内
18(月):枯木平→嶽温泉→百沢→高岡→新法師→宮地→五代→賀田→熊嶋→駒越→新町→市役所前→市内
19(火):十腰内→十面沢→大森→貝沢→鬼沢→高杉→独狐→石渡→浜の町→紺屋町→亀甲町→栄町→城北→和徳町→弘前駅前→市内
20(水):久渡寺→小沢→狼森→千年→清水森→小栗山→松木平→大沢→石川→乳井→堀越→新里→福村→第5城東→城東→小比内→川先→松森町→取上→門外→安原→清原→松原→文京町→西弘→城南→原ヶ平→桜ヶ丘→大開
21(木):笹館→三和→小友→種市→青女子→三世寺→中崎→町田→藤野→向外瀬→津賀野→大久保→撫牛子→境関→高崎→神田→青山→宮園→堅田→市内
22(金):弥生→中別所→蒔苗→高屋→元薬師堂→石渡→浜の町→藤代→駒越→城西→茂森町→市内
23(土):藍内→桐の木沢→相馬→山田→藤沢→坂市→水木在家→五所→安田→湯口→下湯口→悪戸→常盤坂→茂森新町→樹木→桔梗野→新寺町→市内→昴公園:最終街頭→事務所

さすがに出発地点までは車で送ってもらうことになりますが、夕方までには市内に入る予定ですので、そこから自転車で同行して応援してくれるメンバーは絶賛募集しています。
体力が持つかとか、雨が降ったらどうするとか心配すればキリがありませんが、これをベースにできる限り多くの箇所で街頭演説をして、議会改革という今回のマニフェストを多くの方に理解していただこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーシャル議員だからできること

統一地方選の前半戦、県議選がスタートしましたが、選挙カー自粛の波は弘前選挙区には及ばず、現職2名のみにとどまったようで、自宅周辺でも単なる連呼を続ける騒音が響くのを聞くにつけ、改めて選挙カーは政策を伝えられない税金の無駄づかいであるのを痛感しました。

とはいえ、広い弘前市一円を自転車で回るのですから、当然のことながら街頭演説で自分の議会改革マニフェストや思いを訴える回数は自ずと少なくなります。
そこで、ツイッターやFacebookを駆使する「ソーシャル議員」としては、市内のフォロアーやFBの友人から来てほしい日時場所を出していただいて、できる限りその要望にお応えして回りたいと思います。
行程の関係ですべてに対応できないかも知れませんが、ネットを通じて自分を見てきてくださった方々に肉声を届けるというのが4年間を総括した選挙の仕方だと思っていますので、気軽に要望してくださるのを楽しみにしています。

なお、公職選挙法でネット選挙は禁止されたままですが、これまでの状況からツイッターで現在地を知らせたり、YouTubeで演説の様子を流すのはとがめられないと確信していますので、選挙突入後もネットからの情報発信は続けることを宣言しておきます。

備考:ソーシャル議員=ツイッター議員という語はWikipediaに載るほど認知されていると思いますが、現在ではFacebookやUstreamなどのソーシャルメディア全般を使いこなしている政治家も増えています。
それを表す語としては、ソーシャル議員というのが一番しっくりくると思い、使って広げようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ