« 地方自治体が今すべきこと | トップページ | またしても予算原案に反対した理由 »

「動こう津軽!」動きます

東日本大震災の被害はさらに大きくなるばかりでなく、被災されたり福島原発事故で退避を余儀なくされた方々があふれる状況に、国も地方自治体もまとめての受け入れをはじめており、県内でも深浦町がいち早くアクションを見せています。全国での動きはこちらから確認できます。

弘前市でも旅館ホテル組合が動いていますし、市としても対策を打ち出すべく動いているのですが、同じ東北の雄藩である立場にしては出遅れていると言わざるを得ないですし、ネットからも切歯扼腕する声が聞こえてきます。
市議として市を動かすための働きかけも大事ですが、政治家としても共鳴することばかりの岩手県議・高橋博之さんが議員という立場ではなく一人の人間として「いわて・結っこ」という活動をすでにはじめています。
私も当面選挙活動はしないと宣言していますし、市民ゴルフ場問題で時間を費やし震災支援には向かおうともしない議会に縛られない時間は、自分なりの動きを市民の方々そして津軽の皆さんとしたいと思い、「動こう津軽!」としてアクションを起こすことにしました。
何ができ何をすべきか考えるために、まずは話し合いの場をセッティングしましたので、関心のある方々にはお集まりいただきたいと思いますし、急なご案内と燃料節約優先の状況ですから、ネットライブで参加していただくのでもけっこうです。
津軽の衆知を集めて、震災の支援に立ち上がりたいと思いますので、皆さんぜひともご協力をお願いします。

日時:3/21(祝) 13:00〜15:00
場所:弘前市民会館 2F小会議室

|

« 地方自治体が今すべきこと | トップページ | またしても予算原案に反対した理由 »

告知」カテゴリの記事

防災・ライフライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/51163958

この記事へのトラックバック一覧です: 「動こう津軽!」動きます:

« 地方自治体が今すべきこと | トップページ | またしても予算原案に反対した理由 »