« ポリオについて無知を知る | トップページ | 「みさわ未来」に負けじと議会改革ワークショップ »

及第点の成人式で見えたこと

昨年の全国ワースト10に入るほどの荒れた、そしてそれに対する無関心な対応にあきれた成人式から1年、葛西市政下ではどうなることやらと思いながら、市民会館に向かいました。

IMG_2514

開会までの雰囲気は相変わらず喧噪がやみませんでしたが、冒頭に新年互礼会会に続いて小沢小学校合唱部の素晴らしい歌声があり、その後男女1名ずつインタビューされたのですが、そこで男の子が「全国大会より緊張した、なぜなら成人の皆さんが聞いてくれないかと思ったから」と言ったのです。
これは、さすがに騒いでいた連中にもこたえる発言だったようで、その後の葛西市長の式辞もノー原稿でしっかり新成人を見すえた前向きなあいさつだったのもあって、バカげた振る舞いをする者もなく、最後の豊田児童センター一輪車クラブの演技の際は場内シーンと見入っているほど落ちついた中で式典終了となりました。
これを振り返って考えてみると、成人式の中で大人になったばかりで指導されるべき存在として扱われていては逆らいたくもなるでしょうが、自分たちの後輩から大人としての姿勢を疑われるのであればしっかりしなくてはという思いにもなるわけです。
今回の発言は僥倖でしたが、新成人に大人になったのだと自覚させる式典にすること、できれば新成人が実行委員会を組織運営して、自分たちのためにメモリアルな取り組みをする場にすることが必要だと、改めて感じました。

ところで、オープニングセレモニーの際もそうでしたが、正副議長以外には市議の姿は4人しかなく、共産党に至っては開会前に向かいの藤田庭園前で街頭演説をしていたにもかかわらず欠席という始末で、我がこと意識の欠落を情けなく思います。
新年のメールの中でも、市議は何をやって給料をもらっているのかという厳しい指摘をいただきましたが、市民に働きどころか姿も見えないのでは存在意義を問われても仕方がありません。
自分だけでも、そう言われない努力をしていきたいと思います。

|

« ポリオについて無知を知る | トップページ | 「みさわ未来」に負けじと議会改革ワークショップ »

イベント・まつり」カテゴリの記事

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

成人式への出席、お疲れ様でした。
私の子供が、今年の成人式に出席、タカマル君のタンブラーをちょうだいしてきました。
昨年は、クラッカーを鳴らしたりと、喧騒な成人式であったようですが、比較的に静かに終わったようですね。
小沢小学校の合唱と一輪車の演技が素晴らしかったそうです。これからの弘前を担う、新成人たちの巣立ちの儀式に、参加しない市議の見識を疑いたくなりますね。
新市長は、いつもノー原稿で自分の言葉で語っており、とても感服いたします。
本年も、活発な活動を期待しております。

投稿: 一般市民・ぶん | 2011年1月12日 (水) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/50556495

この記事へのトラックバック一覧です: 及第点の成人式で見えたこと:

« ポリオについて無知を知る | トップページ | 「みさわ未来」に負けじと議会改革ワークショップ »