« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

議会改革の2011年に向けて

福祉の人間としての三上直樹には大きな汚点であり転機となる一年でしたが、運不運にも質量保存の法則が働くのか政治の世界では市長交代という大転換のおかげで前向きな方向で活動することができました。
それをまとめた活動レポートはこちらからダウンロードしていただきたいと思いますが、そこでもふれたとおり市政刷新が目立つだけに議会改革の停滞が気がかりになる一方です。

ところで、この件で地元紙・東奥日報の櫛引素夫記者は、「口利きシンポジウム問題」にからめた市議会政局を「取材ノート」で2回にわたって記していますが、これには多くの誤断と報じられていない真実がありますので、この場を借りて反論しておきたいと思います。
最初は「市政批判表面化」、続いて「市議会空転 いびつな関係要因か」との刺激的な見出しが踊る記事でしたが、9日の前市長のシンパである佐藤哲議員による議事進行発言は市政批判をもくろんだもので議会空転に至ったと受け取られる記述をしていますが、実際には工藤栄弥議員や清野一栄議員の議事進行にも右往左往した議長の定見なき対応が招いたことであり、翌日の空転に際して市側は説明を重ねたとありますが、これも一戸副議長が骨折りしたものの市側が誤りはないと突っぱねたことで解決に至らなかったのが現実です。
さらに言えば、その最中に渦中の人であり市長選において葛西市長を支持した立場である下山文雄議員がいち早く市長室に出向いたことが臆断を呼んでおり、そのことが鷹揚会の一部議員の反発を呼ぶのにつながったのではないかという見方があり、主導権争いというのならこういう事実をふまえた書き方をしてもらいたいものだと思います。

また、「いびつな関係」で指摘された、議会軽視と怒られるので謝罪するのが当たり前になったという職員からの声については、前市長時代のスポレク施設建設計画のように本当に寝耳に水の扱いがあったのは事実であり、私たち「四人組」に至っては必要最小限の情報ですら出してはならないとまで職員は厳命されていたというのですから、市側からの情報不足や議員との接触を避けざるを得ない雰囲気があった中では、関係がいびつになるのも仕方がないことだと思います。
ただし、すべての議員が議会軽視を口にして職員を責め立てていたわけではないですし、「桜のトンネル」の件でも私からの指摘に即日関係2課で現地説明をするほど議員に対する説明に大事にする雰囲気に変わった現在では、過去の問題としか言いようのない的外れな指摘だと思います。
確かに政治の中には権謀術数があり、国政においても政策よりも政局報道に力が入るのと同じような気持ちでの記事だと思いますが、多くの議員は空転を望んだわけでないのを会派あげての対立があり、議員全員が市職員をおびえさせているかのような誤解を生む書きぶりはいかがなものかと思います。

その憤りをひとまず置いて考えると、実態として他の議会に比べて改革に向かうスピードとエネルギーに欠けているのは紛れもない事実ですし、それが議員定数削減の話し合いですらまとまらず、議場へのiPad持ち込みやネット中継に関する提案も時期尚早と見送られることに象徴的に表れています。
私自身の4年間を振り返ってみても、前市長との対決姿勢が生んだ騒動もありましたが、市議会そのものの旧習になじまないからこそ生じたトラブルの方が多く、LM議連の運営委員として全国の先進事例を知れば知るほど彼我の隔たりに情けなさを覚えてきました。
市政においてはアクションプランという改革のエンジンが動き出しましたが、その中に議会改革は当然のことながらふれられてはいません。
それだけに、4月の選挙を経て改選されたメンバーで議会改革にさっそく取り組まなくてはなりませんし、そこで何を変えるのか変えていこうとするのかを、市民の方々のご意見をふまえたマニフェストを掲げて、その部分で共同できるメンバーとともに戦いに臨みたいと思っています。

この一年で福祉と地域のために新たな闘いを抱えることになりましたが、市政においては葛西市長とは前向きな政策提言と政策評価で向き合っていきたいともいますので、それを可能にするための議会改革という戦いに挑むこと、そしてその立場に立つことを市民の皆さんに認めていただけるよう、がんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波瀾万丈で閉会、そしてスポレク中止!

定例会が閉会となりました。
最終日は、生活福祉課事件での損害賠償と和解の件では工藤栄弥議員から竹谷厚生常任委員長に質問があり、TPP参加反対の意見書は全会一致で採択されましたが平和都市宣言の決議には4人の反対があり、私も来年度早々の「はやぶさ」カプセル展示の概算や人権擁護委員の選出内規について質問しましたので、本会議だけで正午となり、スポレク見直しに関する全員協議会は午後からとなりました。

市長から、市民懇談会の答申を受けて、

  • スポレク施設建設は中止する
  • 当面は多目的広場とし、将来的な活用を検討する

という方針が示され、これについてさまざまな立場から質問意見が出されましたが、どうあるべきかはこれからの議論となりますので、市民の皆さんにも考えていただき、意見を聞かせていただきたいと思っています。

今回は、シンポジウム記事掲載問題での延会ということまで起きる波瀾万丈の展開でしたが、終わってみれば全議案可決という平穏な決着でしたので、意外な感じがします。
その件では、最初に受けつけした広報広聴課には「広報ひろさき」への大学の講座という形で掲載という話があり、それを主管課となる生涯学習課に回したところ学院大側の人間が趣意書を添えてきたので検討の上掲載を了とすることにしたというのを、それぞれの課長から確認しました。
議員の介在はなかったと担当課では話していましたが、これまでにはない政治にかかわるシンポジウムを掲載させようと大学側が考えるかどうかという点では、何ともいえないものが残ります。

さらに、同志・斉藤爾議員が県議選に向けてフリーハンドで動くために会派を解消しましたので、今日から無所属として動くことになりました。
それでも、志をともにする仲間先輩とともに市政のスピードとやり方に負けない議会改革を進めていかなければなりませんので、新しい年そして来春の市議選に向けて頑張ってまいります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

生活福祉課事件の賠償と和解

一日遅れとなった厚生常任委員会には、相馬保養センター・老人福祉センターの廃止、北児童センター・高杉交流センターの指定管理に関する議案とともに、3月に発覚した生活福祉課元課長補佐の横領事件にからむ市社会福祉協議会に対する損害賠償と本人との和解という、重い議案がかかりました。

まず、市社協に対する賠償は127万5410円で、当時市が社協から受託していた「つなぎ資金」での横領分で、刑事事件として立件された97万円より大きい額となっています。
これは本人からは不満があった部分だそうですが、これを認める代わりに市では支払い方法での譲歩するというのが和解の条件となったそうです。
そもそも「つなぎ資金」は、1995年から受託していたのだそうですが、正式な契約も行われて折らず、申請者と職員が直接引き出しに行くという方法だったそうで、これに元課長補佐は書類の偽造や報告書を提出しないといったさまざまな手によって横領を重ねたようで、すべての書類は懲戒免職後に本人の机の引き出しから見つかったのだそうです。

もう一つの和解の件は679万5852円で、これまでに事実を認めて返済した分と否認している分との総額は1175万6905円という、巨額なものであるのが明らかになりました。
この件での刑事裁判は11/11に懲役3年執行猶予5年が下され確定していますが、その中には和解が結ばれることが情状酌量の理由として上げられていたので、判決前に和解案を議決することはできなかったのかと問いましたが、市としては来年3月早くても年末が判決時期と想定しながら和解に向けた事務作業を進めていたこと、検察や裁判所とはこの件で連絡を取り合うものではなかったことで、判決と和解との関係が前後してしまったと釈明しました。
他の委員からも、協議の経緯や万が一支払いが不能になることへの懸念が表明され、信頼回復計画による綱紀粛正の要望もありましたが、和解をしないことには支払いそのものも請求できないことですので、全会一致での承認となりました。

ところで、このような前代未聞の不祥事であり、単に一職員による犯罪として片づけられない重大な問題ですので、8人の常任委員会ではなく本会議での全員による討議と情報共有が必要な問題だったと思いますが、これが委員会主義ということで実現しないというのは再考を要することだと、実際の審議を終えてさらにその思いは募りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼠一匹で終わるか、シンポジウム問題

1日延会となった一般質問4日目は順調に進んで、15:00を回ったところで終了し、一旦休憩の後予算特別委員会設置の議事と工藤栄弥議員転倒による出血騒ぎをはさんで、副市長・企画・市民環境・教育の3部長を迎えての議員懇談会で「口利きシンポジウム」記事掲載問題が論じられました。

副市長から、今回の件に関して「誤解を与えるかのような」という釈明の朗読があり、これは誤解ではなく不適切な掲載であるという厳しい反論や、せめて不手際と言ってほしいという折り合いを誘う発言、逆に一定の評価をし幕引きを図るような意見などが重なりましたが、副市長からも「もっと慎重な取り扱いが必要だった」という答弁と今後の見直しを表明し、議長がこれらを受けて今後も市側と交渉するということで、約1時間の話し合いは終わりました。
懇談会までも水面下での調整が続けられていましたし、休日をはさんでの厭戦気分もあってあっけなくまとまった感じですが、それなら金曜日の空転は何だったのかと、傍聴で無駄足をさせてしまった市民の方々に本当におわびしたいと思います。

ところで、その際に私が発言したのは、まずは議長に対して理事者側の前に議会サイドとしての交渉の経緯を説明してほしいということでした。
今日になってから、広報広聴課長を呼んだけれども陳謝はされていないことや、休憩と発言したのでその後の議事進行発言は非公式でありテープも残っていないとする議会事務局の話を鵜呑みにしていたのを撤回陳謝するといった定見のなさが今回の混乱に輪をかけたこともあっての発言だったのですが、先日の懇談会で説明したとおりだと突っぱねたので、だから信用できないと返しておきました。
懇談に入ってからは、副市長にではなく最初に掲載依頼を受けた生涯学習課を所管する教育部長には実際にどういう形で依頼を受けたのか、広報広聴課を所管する市民環境部長に対しては許可を出した際にかかわったのか陳謝の件は事実かどうかの二点を問いました。
両部長とも課長決裁事項であると回答し、市民環境部長は議長に課長が呼ばれてからの流れを説明しましたが、教育部長はどういう依頼だったのか知らないというので後ほど調査して教えてほしいと要望しておきました。

その回答によっては、この件での「口利き」を指摘しなければならない可能性もありますし、それ以上に混乱を打開するリーダーシップを示せない議長の存在は、私ばかりでなく疑問を呈する方もあることですから、今後さらなる追及を受けることもあり得ると思います。
その点では、まだまだ大山鳴動して鼠一匹で終わらない可能性もありますし、東奥日報のように政局化してゆがめた報道をするマスメディアでは伝わらない真実を、議員の立場からお伝えしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「口利きシンポジウム」の功罪

議会空転の発火点となった「口利きシンポジウム」に、聴衆として参加しました。
学内での開催ということで、学生が多数参加しての政治に関するシンポジウムとなったのは、それだけでも意義があったと思います。ちなみに、我が同志・斉藤爾市議、来春市議選に挑戦する菊池勲君も参加していたのをお知らせしておきます。

基調講演はコーディネーターでもある西東克介先生で、口利きとは悪をはらんだ用語であったが、政治と市民がつながっていくことや政策提言していくためにも市民の思いを汲んでいくことは必要であるので、中立的な意味としての「」つきの「口利き」はなくならないし、必要なものであるという趣旨でのシンポジウムで、特定の悪をあげつらうための場ではないと説明しました。
これを受けて、下山文雄・今泉昌一両市議、元市職員である長内伸博さん、ネットワーク21代表の渋谷江津子さんがそれぞれの立場で「口利き」についての体験や思いを語り、後半はフロアからの質問に答えるという形で2時間半の討議となりました。
その概要については、こちらからご覧いただくとして、下山さんはその実力をどのように行使してきたか、今泉さんは思いがけない議員としての扱いに対する疑問、長内さんは職員として理不尽な議員の態度に困惑した経験を寸止めながらもシンポジウムの趣旨に沿った発言をしてくれました。
これに対し、渋谷さんは「口利き」に関することはあまりふれず、市政や議会に対する全般的な議論ができない、さらには空転問題でプレッシャーを受けたとまで訴える誤解ぶりだったので、さすがに質疑の機会に挙手して、今回の件は開催そのものを問題としているのではなく市の事務手続きにかかわる問題だと反論しておきました。
もう一つ、長内さんが市民からのアイデアポストに関して発言していたので、議員からの口利きを情報公開すれば議員の仕事ぶりを見てもらえると一般質問で聞いたのに実現しないことを発言しましたが、地元紙ではこれが見出しに使われていて、せっかくの発言のお株を奪う形になったのは申し訳ないというかメディアの思惑に違和感を感じています。

このシンポジウムは、注目を集めることで市政に対する関心を呼ぶものとなったことは評価できますが、「口利き」そのものに関してはその解消や改善に関しての前向きな話し合いにまで至らなかったのは残念ですし、一部の市議が懸念を感じたような議会批判に持ち込もうとするお門違いのシンポジストがいたことは遺憾としかいいようがありません。
それでも、帰り際に主催者となったことでいらぬとばっちりをうけた笹森建英先生にごあいさつしたところ、開催そのものでなく市の対応が問題といってくれたことで救われた気がしたと言っていただいたので、これだけでも行った甲斐があったと大学の後輩としてうれしく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「口利きシンポジウム」問題

昨日で3日目となる一般質問の最後が私の番でしたが、アクションプランやセーフコミュニティ、「たか丸くん」の活用について論戦を終えたところで、「議事進行!」の声がありました。
思い当たる節がないだけに、何か問題あったのかとビクッとしましたが、取り上げられたのは議事とは関係のない「口利きシンポジウム」のことでした。

概要はこちらからダウンロードしてご覧いただきたいと思いますが、以前からご縁のある弘前学院大・西東克介先生が地域文化総合研究所のシンポジウムとして開催するもので、シンポジストとして下山文雄・今泉昌一両市議も参加することになっています。
テーマが口利き・陳情という政治の裏側にある部分だということだけでなく、この案内が全市議に対して送られたこともあって刺激してしまい、前日の会派代表者会議で議題となりました。
そこで討議された結果、開催そのものや両市議が参加することは問題とはしないが、これが生涯学習課から広報広聴課を経て、陸奥新報紙上の「市政だより」の欄に掲載されたことは市や議会が開催にかかわっているかのごとき印象を読者に与えることになったのは問題であるとの結論となり、この件を議長から市側に強く申し入れるということになり、当日朝には広報広聴課長が議長におわびする形となりました。
これは全会派および無所属議員も同席しての結論ですから全員が了としなければならないことですが、その場に出席していない鷹揚会・佐藤哲議員が議事進行で提起したわけです。
本来であれば、藤田昭議長が前日の経緯をふまえて議事とは関係のないことであると突っぱねても問題にならないことであるのに、自分も不適切な掲載であり陸奥新報にも抗議したい(この部分は後ほど削除)と前日来の理解していない受けとめ方を口にしてしまったのが災いとなって、事態が紛糾し休憩をはさんでも解決せず、今日に持ち越しとなりました。

さすがに冒頭で解決して一般質問に入るだろうと思っていたのですが、夜討ち朝駆けでの解決をめざす動きをしなかったようで、事務局の「開会少し遅れます」の連絡以来、水面下での交渉は断続的に続きながらもいっこうに糸口はつかめず、それにかかわっていない者は蚊帳の外のまま無為な時間が過ぎていきました。
公報の掲載基準からしても、政治宗教にかかわるものは不可となっていますし、市議選まで半年を切っている時期に特定の市議の名前を市政だよりに載せるというのは軽率であったと担当課長が陳謝したという事実があるのですから、その間の経緯にかかわっていない部長、さらには市長副市長の上長が事務処理上のミスを認め部下が謝ったことを受けての対応をしてくれれば即座に解決する問題なのですが、なぜかそれをよしとしないことで打開に至らず、今日は議会運営委員会で延会を受けての日程調整だけが公式な仕事となりました。
私が詰めている弘清会控え室には多くの議員や記者の方々が出入りし、意見や情報交換の交差点となっていましたが、市側の対応以上に、事態を理解せず打開に向けたリーダーシップを見せない議長に対する不満が口をつくことが多く、月曜までに解決できない場合は責任問題が噴出してもおかしくない状況になっています。

これだけの問題がおきていたのは事実ですが、一般の市民の皆様には見えないことですし、よもや議会が開会されずその説明もないということが起きるとは思わずに傍聴に来られて帰られた方があったという現実を、私たち議会も市側も重く受けとめなければならないと思います。
葛西市長のマニフェストは「対話と創造」を自らの姿勢として強調していますが、市政における公式かつ一番重い対話の場である議会が開かれないという異常事態の打開に、市長にも心砕いていただきたいと思いますし、私たちもできる限りの努力をしないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

議会、無為な空転中

昨日、私の一般質問が終わったところで議事進行がありました。11日の「口利きシンポジウム」の件でしたが、議長の采配の不手際、市側の対応のまずさで収まらず、今日は開会できないまま、昼を回ってしまいました。
ツイッターで状況をお伝えしていますが、本当に無為な空転で申し訳ない限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般質問:セーフコミュニティと「たか丸くん」

一般質問はアクションプランに大きく時間をさきたいと思っていましたので、普段は4項目のところを3項目に減らし、なおかつ残り二つに関しては自分から情報提供と提言となる項目にしましたので、まとめて報告します。

セーフコミュニティとは、WHO=世界保健機関が認証する安心安全に関する国際基準で、日本では京都府亀岡市が先鞭をつけ、第2号で十和田市が認証を受けています。
これについては、ツイッターで知り合った首都圏の議員が視察で十和田に来ると知り、内容を聞いたところセーフコミュニティだというので驚いたのがきっかけで、在介協で知己を得た職員を通じて資料を送っていただいた上、先日の三沢市での県下市議会議員研修の帰途、推進役である新井山次長から詳しく概要の説明をいただき、ぜひ弘前市でもアクションプランの7つの約束の一つである「命と暮らしを守ります」の具体的施策として導入してほしいと思い、取り上げました。
野呂市民環境部長は、非常に素晴らしい取り組みであり十和田市に対しては敬意を表するが、認証や再更新にあたっての費用負担の問題など検討すべきことも多いと、「やらない」式の典型的な答弁でしたので、データによる見直しや市民との協働といったアクションプランに合致したものであることを強調して再質問すると、やらないということでなく前向きに検討してみたいとしていただいたので、これを具体化させていきたいと思っています。

「たか丸くん」は、ご存じのとおり弘前城築城400年祭のマスコットキャラクターですが、最近登場の機会も増えツイッターでもデビューしてフォロアーを増やしています。
この活用については、以前から笹村観光局長・山田商工観光部長とも話題に載せてきたことですし、質問取りにこられた福田実先輩もどこに突っ込まれるのか理解されているとおりで、登場させる場の選定やネットとリアルの食い違い、さらにはひこにゃんは遠く離れた場であっても同じ時間には決して同時登場はしないといったルールの徹底で、キャラクターとしての価値を高めてほしいこと、さらには好評を得ているので400年以後も活用してほしいと要望したところ、全面的に了解をいただきました。

これまでも市政をよくしてほしいとの思いで質問を通じた提言をしてきましたが、それを受けつけない前職時代とは違い、さまざまな場面でも意見交換ができる雰囲気になった葛西市政下では、実現可能性が大きく違いますし、それだけにこちらからも具体的なレベルで提言しようという気になります。
アクションプランのシステムのチェックは厳しく、それに乗る事業レベルでは前向きな提言という姿勢で、これからも臨んでいくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般質問:アクションプランに切り込む

「口利きシンポジウム」問題で順番が逆になってしまいましたが、今回の一般質問での論戦をお伝えします。
今回はメインをアクションプランとし、小項目として【「7つの約束」の指標設定/プラン実施にかかる負担/市民評価・第三者評価/議会とのかかわり方/定住自立圏構想/「進化・成長」の考え方】と6項目を通告するほど細かいところまで切り込むつもりで臨みました。

指標設定と「進化・成長」については、全項目を検証してみると、「何をするか」=アウトプットは書かれていても、それによって「何が変わるか」=アウトカムについてふれているものがほとんどなく、この150を超える事業によって「7つの約束」の指標を達成することにつながっていくのかと問い、項目の指標を見直すレベルの「変化」ではなく、重点事業の「スマイル33」と挑戦する事業としての「チャレンジ67」の入れ替えや、アウトカムの設定から市民満足度による評価ということにつなげてこそ「進化・成長」することになるのではと提言し、これについては葛西市長に前向きに受けとめていただきました。
また、市民評価・第三者評価については、市の事業として行うのか、政治家・葛西憲之としてJCなどに検証してもらうのか、手法を考えてほしいと提起しておきました。

プランにかかる負担については、事業の多寡に差があり、これを「部長実行宣言」という形で実行していくことでの負担や仕事量に対する不満について指摘しましたが、事務事業の見直しや部課における配置見直しで対応できるし、仕事をしていく上である程度の負担は必要であると市長は断言しました。
私としても、負荷のかかる仕事でこそ成長や達成感につながると思っていますので市長の態度には大いに賛同しますが、これをスピーカー越しに庁内放送で聞いていた職員にはどう響いたのか知りたいところです。

定住自立圏構想については、方向が一致しているとしている前市長時代の「基本構想」には広域での連携には一言もふれていないこと、他市町村とかかわる重大なことについて計画レベルの一つの柱として取り組むのは失礼ではないかと問いましたが、市民のニーズに合わせた見直しということが構想にもあると逃げられました。
また、議会とのかかわりについて、アクションプランに議会の一文字もないことを指摘し、その上で評価のサイクルの中でプラン全事業を議会に「仕分け」するようなシステム変更を市側から持ちかけてはと提言しましたが、具体的な返答はなく、この二項目については不完全燃焼に終わりました。

再々質問では、企画部長に今回のプランで新規に取り組む事業はいくつであるのか事務的な確認をしたところ、後ほど回答するとなるくらい詰めきっていない部分が残るアクションプランですが、個別の新規事業もさることながら、前期計画から大きく後退した県総合計画や1年早く就任した鹿内青森市長のマニフェストの進捗状況をはるかに超え、小林八戸市長の取り組みに並ぶレベルのプランとなりましたし、それだからこそ細かいところまで切り込み今後の検証も可能になりますので、大いに評価をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »