« 視察:十日町市のNPO委託給食の評価 | トップページ | 行政視察を仕分けしてください »

視察:見どころだらけの南砺市

視察4日目は富山県南砺市。順番としては最後5ヶ所目となりましたが、メルマガ時代からのやりとりのある田中幹夫市長とツイッターで日程調整を一番最初にしただけに、満を持しての視察となりました。
視察項目としては、弘前市にもある伝統的建築群保存地区の維持活用というテーマでしたが、何せ南砺市の五箇山合掌造り集落は伝建地区というより世界文化遺産というレベルの違うものですので、観光における位置づけも保存活用にかかる費用も段違いで、ただただ感嘆するばかりでした。

IMG_1642

これだけでも十分な観光資源ですが、南砺市には青森が生んだ世界的板画家・棟方志功が疎開していた旧居が保存されていて、当時の作品を収蔵する愛染苑もあるばかりか、疎開当時のエピソードを飽きることなく語り続けることのできる職員が務めていて、今でも志功は福光の地に生きているかの強い印象を受けました。

IMG_1629

さらには、昼食の場所として寄っていただいたのが東本願寺の城端別院で、ちょうど虫干し法要の期間にあたっていたとはいえ、檀家を持たなくても周りの寺の信徒が無償で法要を取り仕切り宝物殿を案内していて、そこに多数の方々が拝みに訪れている光景は、葬式仏教の極みに堕している弘前市の門徒宗とは別の宗教だと、その宗派に属する身としてつくづく嘆息の思いでした。

これだけの観光資源、さらには雄大な自然に囲まれた南砺市を、田中市長はITや人脈を駆使して、さらに売り出す工夫を重ねています。
弘前市は観光資源では比肩できるものがあるにしても、そのアピールでは及ばないだけに、市長行政サイドに任せっぱなしにするのではなく、私たち議員も見聞したものを反映してもらうように情報交換や提言に努めなければならないと思います。
--

今回の視察は、単独で4日間5ヶ所をめぐる形でしたが、ツイッターでのネットワークによって市長を通じて交渉をし、視察ばかりでなく会談や会食の席で学び交流することができ、一人であっても孤独ではない行程でした。
学びたいことを学び、それを議論できる人に会う、これが自由にできる権利を議員視察としていただいているのですから、それを活用する責任を議員は負っています。
4年がかりで到達した内容を、この報告をもとに市民の皆さんから評価していただきたいと思います。

|

« 視察:十日町市のNPO委託給食の評価 | トップページ | 行政視察を仕分けしてください »

報告」カテゴリの記事

歴史・文化」カテゴリの記事

観光・景観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/49524215

この記事へのトラックバック一覧です: 視察:見どころだらけの南砺市:

« 視察:十日町市のNPO委託給食の評価 | トップページ | 行政視察を仕分けしてください »