« ろうそくまつりツアーのご案内 | トップページ | 相馬市長応援者様へ »

会として、そして個人としての決断

地元紙にも大きく取り上げていただきましたが、昨日午後に記者会見を行い、「市政を変えるマニフェストの会」および三上直樹個人としての市長選に対する姿勢を明らかにしました。
結論としましては、前副市長・葛西憲之さんと大筋のところで方向性の一致を確認し、そのマニフェストに私たちのマニフェストを反映させることで支援していくことにしました。

記者の方々からは、現職は記者会見で相手にしないという本人からの返事なのに対し、葛西さんからは本人としての回答がないことをいぶかしがる声や実際にマニフェストに反映できるのかといった懸念など、鋭い突っ込みをされましたし、別の報道では連合が葛西陣営を支持するにあたって、私たちが提言している職員給与の20%カットにはくみしないことを承諾したということもありますので、大同団結であっても私たちが一番大事だと思っているものが切り捨てられることになりかねない決断だとは思っています。

ただ、この決断にあたっては、23日の「弘前青年政経フォーラム」との意見交換および前後でのやりとりで、私たちと同じ世代の経済人が市政を変える熱い思いを共有していることを実感しましたし、彼らがビジョンを策定するために、そして私たちが政策の検証をしていくために、月例での勉強会を市長選後も続けていこうという、次の一歩が踏み出せる確信が大きな要素になっています。
葛西さんが当選しても、現職が再選しても、どのような政策が実行され、何が実行されないのか、そしてそれが市民生活に資することなのかどうかを見極めていくこと、その活動を通じて弘前市の古い政治意識を変えていく仲間とともに活動していくことを、今回は大事にしたいと思っています。

また、私自身は市議という立場ですが、陣頭に並んだりあいさつ回りをしたりといった旧来の役割で選対に取り込まれたような応援をするつもりはありません。
私ができることは、まだまだ浸透していない葛西さんの主張をより多くの人に伝えること、その手法を通じて新しい政治への変化を感じてもらえるようなことだと自負していますので、これからも注目していただくよう、よろしくお願いいたします。

|

« ろうそくまつりツアーのご案内 | トップページ | 相馬市長応援者様へ »

マニフェスト」カテゴリの記事

思い」カテゴリの記事

コメント

相馬市長応援者という事でお聞き致しますが、
現職は農業振興を旗印に農村票を獲得し当選した
訳ですが、その後、任期中に何らかの改革を成し
遂げた・・いやいやそれ以前に案を市民に提示
した事があったでしょうか?

一切ありませんでしたね。

歌を作った・りんごを食べる日の制定・雹害被災者
への農薬代助成。それだけでしたね。
そして市民に開かれた議会を作る努力をするでもなく
議会の閉鎖性を改善しようという動きもしない。

現市長のサイトは何処にあるのでしょう?
現市長の選挙戦に対する意気込み、努力目標
具体的な政策提言。これらの情報は開示されてましたでしょうか?

市のサイトの市長室へようこその定例記者会見
でお茶を濁す程度では話しになりません。

見せる努力は必要なんですよね?
知らせる努力が必要なんですよね?

投稿: mizuki | 2010年3月 1日 (月) 23:36

某掲示板で三上議員叩きをしている方のお出まし
という事のようですね。

こちらのブログ閲覧をしていれば市民が参加し議論が出来る
企画が幾度も開催されていたのがわかっている筈です。

それに参加する機会は沢山あった筈です。

あと議場を傍聴する事も出来た筈です。

そういう機会に参加し、三上議員やそれらの企画の
参加者と意見交換していたならば貴方と反対の
意見を持つ事に当然なっている筈ですが、貴方は
そういう事を全くせず、お手軽に画面上の情報に
安易に頼り間違った判断をし、発言をされていらっしゃる。そして画面を見るだけという行動があたかも
市政への参画を行っているかのごとく考えている。
そういう方から何が生まれるのでしょうかね?


投稿: mizuki | 2010年3月 1日 (月) 23:18

努力している人を応援するという気構えをもつのが
大人として当たり前の発想でしょう。

努力している経緯も知らず、知る気も無い
ただの足引っ張りにもの言う資格は無いでしょう。

ついでに言うなら
「青森県を愛する者」という言葉も使っていただきたくないですね。

そういう台詞は行動している人間が述べるべき
言葉ですので。

投稿: mizuki | 2010年3月 1日 (月) 11:26

所詮、貴方の弁解言い訳にしかすぎません。例えば職員給与の20%カットはどこにいったのですか。支持応援が欲しいために誰とでも連携したがる葛西憲之なる人物に振り回されているだけではありませんか。三上直樹は信念も勇気もない世間知らずのお坊ちゃんであることがハッキリと分かりました。弘前市を愛し、青森県を愛する者として失望と遺憾の意を表明します。なお、メールがつかえませんので、アドレスは昔のものを使用します。

投稿: 斉藤智之 | 2010年2月27日 (土) 20:37

農政連は農業衰退を後押ししたいのでしょう。

投稿: mizuki | 2010年2月27日 (土) 17:34

新聞にもデカデカと掲載されていましたね。陸奥新報は連合の推薦の記事よりもデカかったです。

東奥日報では、連合記事の方が大でした。
弘前農政連について「農業を基軸とした行政を進めている現職」とありますが、H18年度22億あった農業関係予算がH21年度には15.5億まで減らされている現状を知っているのかなぁ?と疑問に感じますね。その辺どうなんでしょうか?

投稿: LM | 2010年2月27日 (土) 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/47673896

この記事へのトラックバック一覧です: 会として、そして個人としての決断:

« ろうそくまつりツアーのご案内 | トップページ | 相馬市長応援者様へ »