« 津軽神楽のエッセンスをかいま見る | トップページ | 点が線にならなかった一般質問 »

相馬市長の12月らしい態度

今日から一般質問がはじまり、私は新会派「LM弘前」の先陣を切って、2番目に登壇しました。
その論戦の中身については、各項目ずつ振り返った上でしっかりと報告したいと思いますが、その中でこれまでと、そして今日の他の5人とも違うことが一つだけありました。

それは、相馬市長が私の質問に対してだけ、一度も答弁に立たなかったことです。
最初の登壇では「通告外の質問には答えない、勉強してこい」と言われたり、旅費の件では「返せばいい」と野次られたりしたのからしても、私ごときに対して敵愾心を持っているのを実感する場面もありましたし、陰でののしられているという噂も耳にはしていましたが、よもや答弁までしないとは思いもよりませんでした。
ある先輩議員にも、「あなたには答弁しない」と言われたことがあったのを、今さらながら思い出しました。

自分自身は、政策を提言し論議をするために登壇していますし、それぞれの質問に関して所管している部長級が実情をふまえた真摯な答弁をしてくださればそれで十分ですから、答弁に立たないこと自体は何の痛痒も感じませんし、除雪の裁判に関して「裁判長やオンブズパーソンが除雪をやればいい」という驚天動地の答弁や、弘前城400年に関して近衛家とコンタクトを取った際の得意満面の長広舌をされるよりは、よっぽどマシです。
それにしても、通告のすべてに対して概略であっても答弁した上で詳細を部長に補足させるというのが首長たる者のあるべき姿だと思っていますので、通常でも一項目のみの答弁で済ましているのですら議会軽視と言わざるを得ないのですから、最後に意見として述べようかとも思いましたし、後から先輩方にも「Blogで書く前に、あの場で言うべきだ」とご指導をいただきました。

ただ、議員との論戦を避けた市長に対しては、怒りどころか憐れみすら覚えるほどでしたし、それを言う気になりませんでしたので、それをふまえたタイトルをつけてみたところです。

|

« 津軽神楽のエッセンスをかいま見る | トップページ | 点が線にならなかった一般質問 »

市政」カテゴリの記事

市議会」カテゴリの記事

コメント

3人の冷静な判断と真剣に将来を憂うコメント、本当にありがとうございます。
確かに、今回の答弁でも緊急融資などの対策を打ったとは言われましたが、まさに対症療法に過ぎず、起業や育成のためには何ら手だてがないと痛感しています。

本来であれば、各常任委員会と担当部局とで勉強会や議論をして有効な対策を練るといった作業が必要ですが、今の閉塞した雰囲気では実現しそうにもありません。

そのためにも、市の実情を一人でも多くの人に伝え、1年4ヶ月先にChangeをおこさなければならないと思っています。

投稿: 三上 直樹 | 2008年12月14日 (日) 11:12

銭ぇんこは長期で貸す。
成長するまで税率押える。

才能は教育予算盛って拡充し、育てる。

>、雇用を創り出すだけの体力がある民間企業がこの地域にどれだけあるか?

産業育成してこなかったから無いんですよね。20年後見据えて今からやるしかないわけです。

>予断を許せる状況じゃないよ。

なるべくしてなっただけの事なんですね。

現状緊急避難的な処置はやろうと思えば多少は出来るのかもしれませんけれども、それは恒常的な安定を生み出すものにはならないので、産業基盤をしっかり育成する。という事の他適切な対応は無いと思うところです。


それは現体制では無理そうですのでもう2年後に期待をする他無さそうです。

投稿: mizuki | 2008年12月13日 (土) 11:34

起業するには元手になる銭ぇんこと才能がいると思う。最初に投資した銭ぇんこを回収する、つまり原価償却だけでも大変だと思います。
ただ、そういう方は稀だと思います。
そして、雇用を創り出すだけの体力がある民間企業がこの地域にどれだけあるか?
だとしたら、やはり行政主導の雇用があっていいと思います。
社会主義的になるかもしれません。けれど、状況は深刻かつ予断を許せる状況じゃないよ。
これからの世代を担う若者が県外に流出する…地域にとっては損失じゃないですか?
そこの所を真剣に考えて欲しいと思います。

投稿: 九ちゃん | 2008年12月12日 (金) 18:10

半端で使い物にならない融資制度はあるんですよ。教育も時代に合わず、既に不要といえるような企画を粛々と予算つけて運営している部分がある。将来に向けた地域戦略を掲げこれらのリソースを再構築して結果の出せる制度運用を行う。そういう政策作って運用する事は理論的には可能です。

そういう情報を持って実際に改善に向けて
汗かく人が居ないだけです。

起業する人材を育てる。
そして
大きく羽ばたく環境を整える。

そういう事をやってこなかったから
今があります。

10年20年掛かるでしょう。
でも地域を良くしたいと思うのであれば
的確に必要な措置を今から講ずる事が
求められるのではないでしょうか。

投稿: mizuki | 2008年12月12日 (金) 10:49

 起業にはやはり環境と才能が必要で、それは
政策では整えられない、とMIizukiさんをみてて
思います。

サポートするというより、セーフティーネットが
地域行政の役目なのかなとおもうけれど、土建って
派遣どころか、日雇い季節労働があたりまえだったり。
議員様が身を削っても、自らが属する業界の劣悪な
労働環境を改善することが第一の課題なのかなと。

投稿: ひろせ | 2008年12月12日 (金) 07:57

雇用を作り出すのはあくまで市民です。

行政はそれを誘発したりサポートするのが
仕事です。

九ちゃんも起業して、雇用を生む事業経営
してみてはいかがですか?

起業してみればわかりますが、立ち上げる以前の段階で大体コケルんですね。
立ち上げてからも、恐ろしく不安定な状況が長く続き、大方墜落する事でしょう。

こういうのを改善する為に行政・議会は何をすべきか。って事ですね。

雇用を生むような戦略を持っていないし、
そういう議論すら出来ないのが現状ですから
結局なるようになる訳です。

投稿: mizuki | 2008年12月11日 (木) 00:25

九さん、厳しいコメントありがとうございます。
昨日も雇用に関して斉藤爾議員も取り上げていたのですが、市の側からの答弁がまったく踏み込んだものでなかったこともあり、まったくかみ合わずに進展が見られませんでした。
私も企業からお話を聞いた上で必要な手だてをさぐろうと思って直接アプローチしていたのですが、先方に受け入れてもらえず、新しい雇用の場より喫緊の課題である派遣切りにすら手をつけられずにいます。

まったく何もしていないわけではありませんが、何もできていないのは事実ですので、その叱正を少しでも補正予算審議でいかしたいと思います。

投稿: 三上 直樹 | 2008年12月10日 (水) 08:44

いつも思うのですが、本当に具体性がないですよね。うちの市議会は。
もっと現実を見ろよ!今役所や議会が何をやるべきなのか?確固とした雇用を創り出す事じゃないのかい?
他県の企業誘致には頼れないでしょ?儲けがなければ引き上げるのだから。地元の生活なんて考えちゃいませんよ。
だとしたら、この地域で雇用を創り出すしかないんじゃないですか?
これ以上、景気が悪くなって失業者が増えたら犯罪や暴動が起こってもおかしくない…この状況を役所や議会は本当に認識してるのですか?
何も出来ない議会や役所ならいらない。議員全員職を辞してください。

投稿: 九ちゃん | 2008年12月10日 (水) 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/43373504

この記事へのトラックバック一覧です: 相馬市長の12月らしい態度:

« 津軽神楽のエッセンスをかいま見る | トップページ | 点が線にならなかった一般質問 »