« 図書館をめぐる状況を聞く | トップページ | 市議会を徹底的に語り合う »

陸羯南会設立総会にまぎれこむ

昨年9月の一般質問で取り上げた、弘前が生んだ明治の言論人・陸羯南を研究・顕彰するための「陸羯南会」が設立されるという報道があり、図書館に行きました。

IMG_2390.JPG

2Fの会議室に上がってみると、約20名のそうそうたるお歴々が並んでいて、どうも場違いだとは思いつつも、どうぞと席を勧められたので、そのまま設立総会にまぎれこみました。
事業計画としては、来年1/24に設立記念講演会を開催すること、中学生対象の感想文コンクールを実施すること、年1回機関誌を発行することなどが決まり、会長には事務局長を兼ねて舘田勝弘さんが選ばれました。
また情報として、東京には「陸羯南研究会」がありBlogで情報発信していることが紹介されましたし、旧市民でない私にとっては郷土の偉人についてまとめた「弘前人物志」という副読本が中学生に配布されていたというのを知ったのも、価値ある情報となりました。

会の終了後、石岡教育長からは「まだ会員募集していないのに、何で来たの?」と言われる始末でしたが、一般会員第1号というつもりで、これからかかわらせていただきたいと思っています。

|

« 図書館をめぐる状況を聞く | トップページ | 市議会を徹底的に語り合う »

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42794071

この記事へのトラックバック一覧です: 陸羯南会設立総会にまぎれこむ:

« 図書館をめぐる状況を聞く | トップページ | 市議会を徹底的に語り合う »