« 堂々めぐりの町名変更 | トップページ | 同期と語らい、鋭気を養う »

韓国から見た日本の介護保険

水原市からのご一行を案内しての二日目は、行政での介護保険制度運営についてをメインに、弘前市介護保険課とつがる市介護課から説明をしていただきました。
弘前市では三上課長補佐に対応していただきましたが、やりとりの中心となったのは日本では社会福祉法人が破産しているというがどういう処理をしているのか、社会福祉法人と企業では介護報酬は違っているのか、施設定数に対する総量規制はあるのかといった論点で、制度の理解不足がある中で市で答えられる範囲ではないものも多かったのですが、懇切に対応していただいたと思います。
こういうやりとりをしてみますと、日本の介護保険制度を基本から説明することになりますし、こうだと思っていたことでも基準が変わっていたのを知ることになったり、私にとってもいい機会になりました。

ところで、ちょうど出くわした高橋企画部長には「貴重な日韓交流なので、ニュースになりますよ」と話したとおり、地元2紙にも写真入りで取り上げていただきました。
日頃は悪態をついていますが、少しは市のイメージアップにつながったのではと自画自賛しています。

|

« 堂々めぐりの町名変更 | トップページ | 同期と語らい、鋭気を養う »

医療と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/42103733

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国から見た日本の介護保険:

« 堂々めぐりの町名変更 | トップページ | 同期と語らい、鋭気を養う »